プロに教わる

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第396回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、プロに教わるっていう言葉なんですけども。岩松さん自身も本物から近い距離で学びましょうっていう言葉も仰られたりして。このあまりにもこうプロに教わるっていう視点がない。私はこの視点がなかったんですよ。で、そもそもプロって何なんだろうみたいな?ところもあって。これで稼ぎました、アレで稼ぎましたっていう情報がいーーーーっぱい乱立していて、その中でこうまあたまたまというか岩松さんにぶち当たった時に、ああ今まで見てたのは、偽物ではないけど、でもそこでは稼げるかもしれない、その手法では稼げるかもしれないけど、また違った、時代が変わったりとかしちゃったらキツイんだろうなっていうような情報ばっかりだったなって気づいて。で、もっと根本的な抽象的普遍的って岩松さん仰いますけど、そういったところを学べる場所が私にとっては、プロかなっていうのは感じるようにはなったんですよ。そこまで、私の場合は沢山色々見てたので。この中で比較して何となくここかなっていうのは思ったんですけど。この視点で見る意識をした方がいいのかなっていうのは、思ってます。

そうですね。より普遍的で抽象的で根本的な内容で。何故そうなるかって言うと、そこ以外は、後は枝葉っていうか。あんまりこうそこ以外は変わってもいいことなんですよね。そこをしっかりしていると、5年10年とかずっと結果が出続けるんですよね。私が最初にビジネスをお伝えするとかコンサルとか始めたのって、私一人だったらやってないっていうか。私の後ろにメンターがいて、メンターがずーっと長い間結果出し続けている人で。その人から間接的にレクチャーを受けながら、私がじゃあお伝え出来るっていう環境があるので。今はもう私も5年以上ですかね。結構もう10年近くですかね、ビジネスやってますので。今だったら私が別に自身もってこうやってお伝え出来るっていうか。5年10年とかずーっと稼ぎ続けている人、普遍的な内容の人はある程度プロなのかなと思いますけど。1発花火って結構出来なくもないですし。

そうですね。

そうですね。確かにそれでちょっと稼いだかもしれないけどっていうのはあるかもしれないので。なのでまあこれも誰に教わったってすごく大事で。本物から近い距離ってありましたけど。本物から近い距離が一番良くて、本物から遠い距離はまあまあ△。

△。はい。

まあ〇でもいいですけど。本物から近い距離が◎だとしたら。偽物から近い距離で学んだらこれは☓なわけですよ。

あーキツイですね。

偽物から遠い距離だったら、これもまあ学べるわけじゃないので、△ですかね。◎〇☓△みたいな。

どんどん薄れていくというか、結果が薄れていく感じですかね?

そうですね。ただ本物って言っても、本物っていうかプロが一人いて、そんなにプロがそんなに密に接してくれることってあんまないので。

ないですね。そうですね。

だからプロがいる中で更にその人と関わっている人が、今だったら私と関わっている小池さんから教えてもらうとかだったらいいんですけど。だからまあその辺りですかね。

そうですね。プロとか本物っていうのをちょっと意識して情報とかを探した方がいいかなっていう。

そうですね。

気はしました。分かりました。じゃあ第396回、プロに教わる、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    時代が変わっても稼ぎ続けられるようになるためにも、プロの近くで学び続ける事が重要なのだと思いました。
    岩松さんのコンサルでは、枝葉の部分だけを見ようとするのではなく、その根本の部分がなんなのか?を教えていただけていると感じます。
    本物と偽物を見分けるのは難しいかもしれませんが、自分は実際に結果が出ていますし、学んだことが様々な分野で活きていると感じています。
    これからも稼ぎ続けられるように、岩松さん、小池さんから学び続けたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第396回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・プロとは、普遍的で5年10年ずっと結果が出続けている。
    ・本物から近い距離で学ぶ。

    本物から学び続けます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です