カイジ見て学んでください

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインド摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシ。今回は第24回目を開始したいと思います。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

えっと今回はですね、カイジに学んでくださいっていう言葉なんですけど。岩松さん結構例え話とかそういうの結構多いかなと思うんですけど。その中でもカイジを結構推していたなと。

例えば話。カイジの名言ですかね?

名言とか。

まあスラムダンクとかもありますけど。カイジの方がよりグサッてささる人が多いんじゃないかっていうか。

岩松さんご自身もカイジは好き?

カイジは一通り読みましたよ。人間が欲に溺れてドロドロしてるっていう漫画が結構好きで。まあ本棚って人の性格を表すみたいに言われてましたけど。僕は丁度鳥小屋ですかね?通称鳥小屋っていうボロマンションにいた時に、カイジとか闇金ウシジマくんとか、ナニワ金融道とか、ああいうのがあって。

暗い感じの?

暗くもないんですけど。後は新宿スワンとかですね。スカウトの物語とか。ああいう系が好きっていうか。人間の欲に溺れたドロドロっていうのは、これでも現実世界でもかなりありまして。じゃないとあれだけ、電柱になんか貼ってたりすりじゃないですか。僕もパチンコとかかなりやってたり、ギャンブルとか昔やっていたので、感情移入できるってのもあるんですけど。でも僕みたいにギャンブルやっていた人間じゃなくて、小池さんみたいな母ちゃんでも、カイジとか読んだ方がいいかなと思ってまして。大体カイジに出てくる雑魚キャラっていうか。しょうもないこのクズどもめ!って、利根川っていう人が言うんですけど。言われてる人って、大体ビジネスで成果が出ないような人の行動とか発言を表してるんですよ。何となく分かります?

はい。

例えばどんなのですか?

例えば、私そんなに深く読んでないですけど。ちょいちょい例えば出されて貰ったことで、すごい覚えているわけじゃないですけど。うーってくるのは(笑)

そうですね。だからこんなの聞いてないぞ!とか、ノーカンだノーカンだ!とか、私はやっぱ止めます!みたいな。一生ついていきます!とか言って、すぐ裏切ったりとかするんですけど。大体同じような行動がすごいあるんですよね。だからカイジの福本先生って漫画家の人も、すごい色んな現場を見て、描写を鮮明に描かれているんだなって感じで。アレは大体冴えない人って言ったら言葉悪いですけど。ビジネスでうまくいかない人は、カイジに出てくる債務者の大体うまくいかない人の、似たような思考行動ですね。漫画の話ではあるんですけど。他人事とは思えないぐらいですね。

何かマインドセットの勉強になる感じですかね?

特に利根川とかの言葉って結構重くて。僕が好きなのは「所詮はエセ、ロケット花火のような決意、片道分の燃料しか積んでおらず」ってなんかそういう言葉があるんですけど。みなさん最初の確かに勢いっていうか、意気込みだけは立派なんですよね。これ大体そうです。まあ例えば、年号が変ったりだとか、新年になった瞬間とか。

そうですね。

もうすぐ冷めるんですよ。熱しやすくて冷めやすい。大体うまくいかない人って短絡的とか、そういうのありましたけど。まずこれをやめない限りは、まあビジネスでの長期的な成功ってのは無理でしょうねっていう。だって熱しやすくて冷めやすいって人に何か任せたいですか?

いや。

やりますって!言ってすぐやらなくなったりとか。

信用がないですね。

そんなに感情がグワー!!って動く人ってのは、あんまりよろしくないかなっていうのはありますよね。後は人間追い込まれた時が、素が出るっていうか。イレギュラーな時の対応ってのがありましたけど。窮地に追い込まれた時に、人間ってこう自分が可愛いので。そうなんですよね。その辺りも、ビジネスでも結局いい時はいいんですけど、困った時にすぐ手のひらを返す人とか結構多いので。多いというか、僕は星の数ほどは言い過ぎですね。結構な数は見てきましたので、何とも思わないっていうか、全部想定内っていうか、そうだよねっていう。

へーーー。

カイジのこのキャラみたいだよねみたいな。急に思う時もありますけどね。だから実際それはちょっと大げさな部分はありますけど(笑)っていうのは、カイジの福本先生も同じような場面をいっぱい見てきたら、その脳内は描写して漫画になっているので。このキャラはこういう場面があったからこうだっていうのを当てはめているので、だから漫画っていっても完全にバーチャルっていうか、現実世界で起こったこととか、その考えとか登場人物をアレンジして描いているので。意外と現実世界で起こっていることが、この漫画という形で学習材料になるかなっていうのはありますね。

分かりました。

小池さんはあんまり興味を示さないかもしれないですけど。

コンサルの時にちょこちょこ例として出されたのを見て、ああって思う時はあっても、その後読むまではいけてないっていうのが、私の中であって、1回見なきゃなと思ってます(笑)

でもこれもどこかのタイミングですごい面白いと思う時が来ると思いますよ。

ホントですか?それはああこういう人いたなみたいな感じってことですかね?

そうです。他人事なんですよねまだ。自分事になった瞬間に人は興味があるので。ギャンブルなんて興味ないですよそんなん。って思うかもしれないですけど、それがどこかで重なる瞬間がきたらすごい面白いと思うと思いますね。なのでパートナーさんとの付き合い方で、カイジを読んでおくと、すごいそれはいいパートナーさんに巡り合って、悪いパートナーさんを見抜けるっていうフィルターで見れば、なるほどと思うかもしれないです。

分かりました。読んでみます。じゃあ今回第24回カイジ見て学んでくださいを終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    今回もマインドゴシゴシをありがとうございました。
    話に出てきた漫画は、僕も好きな作品ばかりで、これは人間のドロドロした部分を見るのが好きだったからなのですね。
    今まで、カイジのダメキャラ達を、他人事として見ていましたが、自分も近いような行動をとっていたのではないかと思います‥。
    そして、利根川の言葉は厳しいですが核心をついていて、敵であるカイジさえ、その言葉に胸を打たれていた事を思い出しました。カイジも、きっとゴシゴシに近い感覚だったのではないかと思います。
    痛い時もありますが、引き続きマインドを磨かせていただきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第24回目の音声
    ありがとうございました。

    知らず知らずのうちに
    カイジに出てくる雑魚キャラの
    思考・行動寄りになっていました。

    カイジを読み返す時間はないので
    名言集などで、マインドセットを整えて
    感情に左右されず、長期的視点を持って
    淡々と進めていきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です