本音で語ってほしい

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインド摺り合わせの部屋ということで、通称マインドゴシゴシを始めていきたいと思います。今回は第18回になります。岩松さんよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

今回のテーマが、本音で語って欲しいという言葉ですね。これを言われて私は結構本音のつもりだけど、自分でも自分の本音に気づけてないことっていっぱいあったんだなってすごくびっくりしたなっていうのが、この言葉の印象なんですけど。

なるほど。まあ深層心理ってありますけど。深いとこの心理っていうのは、結構閉ざしている人も多いので。何故かと言うとこの国で例えば公けに関わることって結構ありますよね?会社員の方とか色々ありますけど。会社で本音で言っていたら、会社が回んないすよね?

そうですね。

上司うるせんだよとか、気持ち悪いんだよとか、こいつ口臭えなとかって、AKBの握手会でもコイツ気持ち悪いな握手なんか、触ってくんじゃねえよとか、しゃーねえからやってんだよとか言ったら、これは本音ですけど、これは回んないですよね世の中。

回らないですね。

なので勿論本音と建て前とかってあって。色々あるんですけど。でも何かを解決したい時って、それってやっぱ言われると結構凹んだりとか嫌だったりするかもしれないですけど。本音ほどクリティカルで、劇薬的なものはないんですよね。僕も結構小池さんには結構ビシバシお伝えするようにしているんですけど。オブラートっていうのありますよね?薬飲む時に。小池さんオブラート使いました?

使ったことないです。

ないですか?

はい。

オブラートってあるんですよ。分かりますよね?

分かります。

オブラートって、膜があるので大分マイルドになっちゃうんですよね。オブラートに包んでってありますけど。勿論距離感によっては、オブラートに包んでお伝えした方が、良かったりもします。それだけだと成り立たないっていうか。さっきのAKBの握手会で、本音の握手会だったら、成り立たないので。でもですけどオブラートがあることによって、クリティカルではないんですよね。だから本音で言った方が、本音で深い部分にグサッときますけど。グサッときた部分が解消されれば、オブラートでチョロチョロやるよりも、劇的な効果が望めたりはするんですよね。ショック療法とかもそうなんですけど。なので本音で、要は皆さん上っ面なことが多いので。だから会社でもお前口臭いんだよ、気持ち悪いんだよって言った方が、改善しようと思って、改善されればホントはいいじゃないですか?

はい。

中途半端に優しいので、言わないっていって、ヒソヒソあの人はアレだよねって言って。それよりかはクリティカルに言った方が本当はいいんですよね。なので僕もビジネスでうまくいってないとか、指摘したくなるんですけど。皆最初は言うんですよ。ビジバシ言って下さいとか、本音で言って下さいとか言って。本当に。言ったら言ったで後からぶすって言われるので。結構難しいんですよね。本音で言うってリスクがあるっていうか。まあ言う方も疲れますし、言われる方も良くはないので。そこのホントにゴシゴシの極みですよね。

そうですね。

ゴシゴシの極みなので。これ痛いですよね。

痛いですね(笑)

痛いですけど、がゆえに効果もデカいと。やり過ぎると嫌になってホントに。っていうのはありますね。なので僕は結構本音でお伝えしてますので、そのおかげでっていったら結構僕のアンチみたいな人は多いんですけども。でもその人も本気で本音で言って下さいって言ってるんですよね。ホントありがとうございますってすごい言ってるんですよね。でもやっぱり後から沸々と湧いてくるんですよ。やっぱり本音って一時的には効果があるんですけど、後のマインドセットが整ってないと、やっぱり痛いので。後は素直さとかそれを受け取る体制がないと。そりゃそうですよね、AKBの握手会に楽しみで行って、お前気持ち悪いんだよっていきなり言われたらショックですよね。

そうですね。

でもホントに良くなって欲しいから言うけどって言って、これやめて気持ち悪いからやめてって言って。それを改善してそうなっていったらいいんですけど。でもやっぱ被害者意識が強い人とかそう言う人ってのは、ワー!ってアー !ってなるので、だから赤ちゃんとかと一緒ですね。ギャー!ってなるって言うか、それで周りに気を引いて、周りに何とかしてもらうってことで、自分を保とうとするってことなので。そうですね。なのでまあ本音っていうのはホントにピンポイントに、僕もだってどこが良くないか分かりますもん。ビジネスでうまくいかない人って。でも言ってもどうしても自我が強いので、そことの永遠のせめぎ合いっていうかなんですかね。そこを受け入れるかどうかですけど。

結構岩松さんが、小池さんがちゃんと本音で語ってくれないと、本音を中々出せないみたいなことを一時仰っていたことがあって。私自身本音だと思って話していたつもりでしたけど。

普段から本音を言わないから、何が本音か分からないようになってるんですよ。

そうなんですよ。

本音って何ですか?みたいな。

そうなんですよ。だから自分と向き合うきっかけになったっていうのはすごい感じましたね。

皆さんの言う本音っていうのは、結局世間の常識とかなんかに、半分くらい汚染とまでは言わないですけど、影響されたものなので。ホントに自分の内からのメッセージではなかったりするんでよ。それをうまいこと加工して、自分が最もらしいように見えるようなアレなので。

そうですね。

ホントの本音っていうのは、だから小池さんに酒を飲ましたりとか。お酒飲んだ時って結構解放されるので、それこそ本音が出たりとか。ハシゴ酒とかあるじゃないですか?本音の。テレビでカメラ回っているので、あれもどうかと思いますけど。ホントの本音って、皆さんドロドロした欲とか持っているんですよ。じゃないとこんだけ世の中の揉め事とか事件とか起こらないので。ホントの本音っていうのは、だから人が窮地に陥った時とか、酒を飲んだりとか、そういう時に本音は出ますよね。本音は出ないですよだから。小池さんがつっついて、つっついてったらポロっと本音が出てきますけど。奥深くにあるので。

自分でも中々気づけなかった本音と向き合うきっかけにかなりなりましたね。

なのでまあ本音っていうか、だから僕もどうすればいいか全部お伝え出来ますし、お金を稼ぐんだったらこういうステップで、こうやればいいっていうのはあるんですけど。如何せん多くの人が色んな要素が足りてないとして、僕の説明の仕方もちょっと不十分なところがあるかもしれないですけど。だからミスマッチなんですよね。多くの人はお金を稼ぎたいとかこうしたいとか思っているじゃないですか?

はい。

僕とかは結構検証しているので、こういうふうにやれば精度高いですよってお伝えは出来ると。それをマッチすればいいだけなのに、なんかここで何かめんどくさいことになってるのか、何年もずっと僕は経験をしているんですけど。だから本音でズバっとどうしたいのって、じゃあこれねって言って。それでやれば済むだけの話が、まあこじれにこじれるっていうか(笑)

ははは(笑)そうか。

だから本音でスパスパっという。本音だけでやり取りできる人の方が、僕は楽なので。コミュニケーションが。だから小池さんがっていうか、僕は小池さんがどういうのなのか本音で語って、それで僕のことを受け入れられない人は、関わらなくていいっていうスタンスでいるので。その方が楽なので。その上っ面なところに付き合うのは、今日もいい天気ですねって、そんなのいいから何がしたいのっていう。まさに岩松さん元気ですかって、そんなんいいから、私が元気だろうが何だろうがどうなの?っていうふうな。

ああそこにも繋がるんですね。なるほど、わかりました。ありがとうございます。じゃあ第18回本音で語ってほしいはこれで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れさまです。
    ゴシゴシの極みをありがとうございました。
    本音でズバっとは、たしかに痛そうですが、自分が早く進化するためにはとても重要だと感じました。
    天気の話は、ついついしがちなので、もっと本音を言う人間になりたいと思います。
    そして、自分も小池さんのように、本音で ズバっと言っていただけるように、マインドを整えていきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第19回目の音声
    ありがとうございました。

    本音と建前の線引きは、組織や状況によって
    変わってくると思いますが、
    コンサルティング、コーチングに対しては、
    互いに本音でコミュニケーションを取らないと
    上達や際だった成果は出せないと感じました。

    距離感の問題もあると思いますので、
    健全な師弟関係が築ける様、
    改善していきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です