頭を使って目を配って作業はお任せ

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第476回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、頭を使って目を配って作業はお任せっていう言葉で。私未だにですね、これを自分で作業をやってしまうことがあってですね。そうすると。

カタツムリみたいですね。角出せやり出せ目玉出せみたいな(笑)

そうそう何かホント、作業はホントにお任せして、もう頭を使ってこう色んな作業をバーッと一気に進めなきゃいけないところを、自分がこう作業をやってしまって、中々進まないってことが未だにあります。でもそうするとホントにスピードが遅いので、それで結局本質に目を向けられず、頭の中はごっちゃごちゃっていうことはいっぱいあります。それだと良くないなということで、今回あげさせて頂きました。

で、どうするんですか(笑)

だからこの言葉の通りで、作業はホントにどんどんどんどん人にお任せして。

分かってても何で出来ないかっていうのを考えた方がいいですよね。

それが多分なんですけど、私の中で。

多分じゃなくて、小池さんが思うことでいいですよ別に。

ああ私が思うのは、パートナーさんが足りてないって感じですかね。

足りてない?

何て言うんですかね?常に一緒に長くやっているパートナーさんとかが結構何人かいらっしゃるんですけど。そのパートナーさんがキャパオーバーになっちゃった時、新しくパートナーさんを入れなきゃいけないじゃないですか?

でもそれで解決するってことですかね?

そうなんですけど。そこで関係を構築するのが億劫になっちゃう。

億劫。

なので今いるパートナーさんの中でやろうとしちゃったりとかするんですよ。そうするともう説明も楽だし、これやっといて下さいってことを振れるんですけど。そこはキャパオーバーになった時に、人が足りなくなった時に億劫になった時に後回しにしちゃって、これ自分でやっちゃった方が早いんじゃないかみたいな。

でも遅いんですよね。

そうなんですよ。だからダメですね。自覚してないってことですね。

だから関係構築とかも含めてそれを伝えるっていうのは時間かかるかもしれないですけども。伝えた後は早いから、その体制をまあ色々想定して、早め早めに作っておいたら。まあそれで仕事が急になくなったらどうするのかとかも、それも踏まえてですけど。だから勿論そのきれいさっぱり何かやることが何か丁度何か全体にこう上手いこと配分出来るっていうのは難しいと思うんですけども。ビジネスって無限にやろうと思えばやることがいっぱいあるじゃないですか?いくらでも仕事は作り出せると思ってまして。それは無駄なことやればダメですけど。何か年末の道路工事みたいに、予算使わないといけないからっていうんだったらよくないんですけど。ただこのマインドゴシゴシですら、別にこれはまあビジネスっていうか、とりあえずこういうのがあった方がいいかなということで、とりあえず録ろうっていうぐらいの感じでもこんだけ録ってて。これは別にいくらでも録ってもいいわけですよね。なので別になんかやることはいっぱいあるんですよ。別に。どこまでやるかっていう問題なので。だからそれを事前に早めに想定して、計画がないんですよね。計画がないから、行き当たりばったりで。

そうなんですよ。

困るわけですよ。だからなるべくこう早く計画を立てといて、色んなシミュレーションをして、必要な時にパッと判断できるようにしておけば、多分そんなに。

そうですね。目の前のことに目一杯になっちゃってるとかしてるから、そうなっているかもしれないです。

じゃあ目の前のことで目一杯になるってことは、目一杯になるまでのちょっと過程はあるわけじゃないですか?

そうですね。

いきなり何もない状態から、いきなり目一杯になるわけじゃなくて、何か目一杯になる前の要素があるわけですよね。要素が揃うまでの間に、それを目一杯にならないような仕組みを同時に作っておけば、目一杯にならないっていうだけの話で。

そうですね。

これ全部だって、ハミガキちゃんとやってなくて虫歯になってヤバイって時に歯を抜こうとして痛いから困るのであって、それまでに対処出来ておけば、まあそんなに良かったりもするので。だから事前に状況把握をして、早めに動いてそれを危険察知能力っていうか、それをやっていけばまあ上手くいきますよねっていう。後は想定外のことは別ですけど。それはもう一時的にそれは耐えしのぐしかないんですけど。

分かりました。じゃあ第476回、頭を使って目を配って作業はお任せ、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です