脱・アニマル

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第321回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、脱・アニマルっていう言葉なんですけども。要は感情的に動くのが動物的ってよく岩松さん仰るじゃないですか?私はどっちかっていうと、動物的だと思うんですけど(笑)その状態だとビジネスとしてうまくいかないから脱・アニマルしましょうということで言われまして。岩松さんスーパードライですよね結構?

ん?

スーパードライじゃないですか?感情であんまり動くっていうのはあんまり見たことがないんですけど。

まあでも感情を持った人間なので、感情で動いてますけど。判断としてなるべく感情を入れないようにはしてますね。まあアニマルっていうところでは、アニマルって何を連想します?

アニマル。

どんなアニマルを連想します?

猿とか。

猿。他には?

犬。

犬。

猫。

猫。

ライオン。

ライオン。まあいいや。で、そのアニマルに共通することって、まあ自分がどうやって生きていくかっていうところですよね。その日暮らしでもあるじゃないですか?

はい。

これって結構だからそんない進化出来てない人っていうか、資本主義社会において適応出来てない人、そんな大きなお金を稼げてない人って、やっぱり似てる部分があるんですよね。何か衝動的なんですよね。餌があったらすぐ食いたくなりますし、待てないですし。ワンちゃんとか待てとか言って、エッヘッヘとかありますけど。ああいう感じだったりするんですよね。飯食って寝て交尾するっていうか、それに近いっていうか限りなく。でも資本主義社会って、成功するっていうのは、やっぱりある程度学びを得て、文明の利器を使いこなしてですね。だって猿と人間の違いって火を使ったりとか色々違うじゃないですか?あと一番は思考するってことです。人間は考える何とかであるってありましたけど。思考する。考えることが出来るんですよね。考えられずに衝動的に本能的に動くのがやっぱアニマルで、ちゃんと考えて中長期的に色んな文明のそれを使いこなして、まあ豊かさを得るっていうのがやっぱり人間なので。やっぱりどんどんどんどんそのまあ全部の行動の判断基準がアニマル的になってないかなっていうのを確認した方がいいかなってのはありますね。

なんか感情的にならないようにするにはどうしたらいいのかってありますか?

感情的にならない。

何だろう?脱・アニマルするためにはどうしたらいいのかって?

まず自分がアニマルであることを自覚するっていうところことですよね。で、多分他のそういう人を見たら結構冷めるようになると思いますよ。

そうですね。

だからそういうちょっと俯瞰する視点っていうのは必要ですよね。ですし、普通に考えて会社とかがアニマル的な思考で動かなくないですか?

動かないです。はい。

小池さんも会社に昔行ってたと思うんですけど。そんなに会社員時代って、アニマルっぽくないじゃないですか?

ぽくないです。

まあちょっと無機質でドライで、まあさっき私にスーパードライって言いましたけど。いちいちだって従業員可哀そうだから今日は残業なしにしてあげるねとか言って。いちいち今日大変だからとか言って。何かそんなに気遣いはあるかもしれないですけど。決まってるじゃないですか?何時までに来るとかちゃんと。ちゃんとルール決めてその範囲内で動くっていうのは、それはアニマルとは違いますよね。

そうですね。

アニマルってそんなルールないっすよね。自由に気の向いたままに感情のままにと。感情があろうがなかろうが、ちゃんとルール決めてその範囲内でやるっていうところですかね。まあそれが出来ればある程度それに近い状態にはなれるかな。後はやっぱこのゴシゴシの部屋とか、これでマインドセットっていうかそれを整えるってところですかね。

分かりました。じゃあ第321回、脱・アニマル、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です