見えてるものに価値はない

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第320回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、見えてるものに価値はないですね。例えば成功者のイメージってカッコいい時計を付けてたりとか、後は何かいい車に乗ってたりとかって、そういうイメージだと思うんですけど。実はそこにあんまり価値がなくて。

いや別に価値はあるんですけど、これもちゃんともうちょっと説明をしないといけないですけど。だってその時計って価値ありませんかね?車に価値はありますよね。

あーそうですね、そうですね。

それもそのカッコいい時計を付けて、カッコいい時計を付けてカッコいい車に乗ってるであろう人が、全然実はビジネス何もやってない人かもしれないですよね。ってことはそれが周りの付随品であって、それを取り除いたものに関してはそんなに価値がなかったりするわけですよね。

そうなんですよ。この時例で上げてたのが、トヨタの自動車会社があるじゃないですか?トヨタの自動車を作ってる人達っていうよりも、それよりも自動車を作るようにアイディアを出した人達、会社を作った人達の方が価値が高い。でも作っているのは現場の人達っていう。だから目に見えてるのは、車だったりとか、作っている人達が目に見えてた人だとしても、実はその見えないアイディアの部分が、実はすごく大事っていう。

だからトヨタの車もそうかもしれないですけど、設計図とかでもあるじゃないですか?設計図を見て作るっていうのは、そんなに難しくないんですけど。設計図を作るまでに至った過程とかが、それってまあ目には見えないっていうか、まあ見えないですけど。試行錯誤を経てその設計図が出来上がって、その通りに組み立てて、ようやく目に見える形となって、我々がそれを認識して購入に至るわけですよね。

そうですね。

じゃあそれって最初の見えない部分のアイディアを出してそれを作るまでの流れを作った人が、一番価値があるじゃないですか?勿論工場の方も頑張ってますよ皆さん。それは別に否定もしてないですし、心から別に何かっていうのはないですけど。まあ日産のカルロスゴーン前社長ですかね。も何か今問題になってますけど。でもまあ功績はやっぱ素晴らしいんですよね。何故かと言うと、やっぱりそういう日産を立て直したっていう。立て直すって目に見え、まあ数字としては見えますけど。立て直す過程ってやっぱ難しいじゃないですか?立て直すってどうやって立て直すって言って、パッパパッパ出て来ないですよね。

絶対出て来ないですね。

だからそれをこう生み出せる人ってすごい価値があるんですよね。まあだからそのカルロスゴーンさんがやったことはいい悪いは私はそんなに別に、それは別に論点じゃないのでどうでもいいですけど。見えてるものに価値もあるんですが、結局その基となったものとか思考とかもそうなんですけど。それって見えてないものが多くて。見えてるものが価値があるのは、見えてない価値があるお陰っていうのはあるかもしれないですね。

どうしても目に見えるものに価値を置きがちになってしまうので。

だからそれがまあ思考のちょっと及ばない点ですよね。

そう思いました。

私はだからそこに注目してないっていうか、車があって、じゃあ車がどういう流れでどう出来てたんだろうっていうその源泉っていうか、そっちが気になるっていうのもありますし。うん。目に見えるものって分かり易いので、コピーしやすいんですけど。目に見えないものってコピーしにくいんですよね。要はマインドとか原理原則とか、思考とか価値観ってコピーしにくいので。そういうものの方が差別化にもなりますし、そういうものの方が結構難しいですけどね。うん。

分かりました。じゃあ第320回、見えてるものに価値はない、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    どうしても目に見える部分にばかりとらわれてしまいがちですが、見えない部分にこそ大事なことがあるのを理解しておかなければならないと感じました。
    いままで自分自身も、見た目や見栄えの良いものにばかりこだわっていたと思います。
    そういう思考は捨てるようにし、岩松さんのように見えない部分を見られるようにゴシゴシさせていただきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第320回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・最初の見えない部分のアイデアや仕組み作りに一番価値がある。
    ・見えてるものが価値があるのは、見えてない価値があるお陰。
    ・見えるものって分かり易いので、コピーしやすい。

    目に見えないものに着目して、差別化をしていきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です