雲泥の差

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第327回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回の言葉が、雲泥の差っていう言葉なんですけど。これも岩松さんよく使われるんですけど。ここで進むか進まないかやるかやらないかで、雲泥の差がつきますよってすごく言われていて、現状維持マインドが炸裂するって前回あったんですけど。もうそこから強引にでもいいから引っ張っていこうとする、引っ張っていこうとしてくれているので、そういう言葉とかも強い言葉とかも結構出てくる一つが雲泥の差っていう言葉かなと思っていて。私が誰と比べるとかじゃなくて、私の場合は過去の自分と今の自分を比べると、それこそ過去の自分って、岩松さんのコンサルとか学びとかやってこなかったら、今の自分と過去の自分ってかなり雲泥の差があるなっていうのはすごく実体験として感じているので。

まあだから別にそう言っても過言ではないっていうか。まあですよね。で、結局雲泥って言葉もそうですけど。雲と泥ですかね。

そうですね。

だからその上の天の方の雲と、地の方の泥ってことですよね。前回の音声でも下りのエスカレーターってありましたけど。それを駆け上がって天の方に近づくか、そこからダーっと落ちちゃって地の方に泥の方が待ってるかっていう。まあそこに留まり続けるっていうか、真ん中ってあんまりないんですよね。

なるほど。

真ん中は必死こいて進んでるけど進んでなくて真ん中にいるみたいなのは、それはだから現状維持なんですよ。

ああ現状維持も必死こかないと現状維持が出来ないっていうことですね。

必死こくっていうか、まあそれなりに。だから必死こくプラスアルファで更に駆け上がらないと上にはいけないわけですよね。他にもそういう人はいっぱいいるわけですよ。雲泥の差がつくって、だってこの世の中ってこの人間って、そんなに細胞レベルでそんなに変わらないじゃないですか?

変わらないですね。

だって目が2つで鼻が一つで大体手足があって、大体一緒じゃないですか?身長もそんなに。

そうですね。

の割には能力とか実際のスキルとかって、相当な差がついてると思いません?

全然違いますね。

全然違いますよね。それって先天的な能力っていうか、才能とかセンスも無きにしも非ずですけど。やっぱこの1日1日の時間の使い方とか、その誰から学ぶかとか環境とかによってえらい差がつくんですよね。ホントは雲泥の差なんですよ。同じ人間といえども、同じ人間っていうひとくくりにするのが失礼なぐらい違うんですよね。それは基本的人権とか色々あるので。そりゃ人間ってそれはありますけど。えらい違いなわけですよ。えらい違いっていうのをまず自覚するっていうのと、何でこんなに違うんだろうっていうことですよね。両方知ってる人は結構強いって、私は結構超貧乏な時期もありましたし、ちょっとお金稼いだ人の気持ちも分かりますので、両方の気持ちが分かるので、上も下も分かるので、そういう意味ではすごい差だなとやっぱ改めて両方分かってる一応人間からしたら思いますね。

なるほど。分かりました。じゃあ第327回、雲泥の差、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    見た目は大体同じ人間なのに、雲泥の差がついてしまうのは、日々の時間の使い方や、学ぶ人の違いの差が大きいのだと理解する事ができました。
    そして、今までいかに、自分が無駄な時間を過ごしてきてしまったのだろうと考えさせられました。
    今結果が出ている方は、日々実践をしながらブラッシュアップし続けたのだと思いました。
    自分も雲の気持ちがわかるように、時間を大事に使って、実践したいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第327回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・1日1日の時間の使い方、誰から学ぶとか、環境によって雲泥の差がつく。
    ・雲泥の差と何で差がつくのか、両方知ってる人は強い。

    前回に引き続き、上昇志向でやっていきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です