質の高い環境に身を置く

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第331回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、質の高い環境に身を置くっていう言葉ですね。この時の例え話で、ドラゴンボールが出てきたんですよ。ドラゴンボールで、ベジータと悟空と一緒に修行をしたクリリンは、気がついたら地球人で一番強くなっていたっていう例えで分かりますかね(笑)分かりづらい。

私は分かりますけど別に。

要は質の高いところで、そこが当たり前の基準になってると、気がついたら今までいた場所でみると、全然違うところに質が高くなってる、基準値が上がってるっていうことですね。なのでどの環境に身を置くかで、それこそ人生レベルで変わってくのかなっていう。その言葉の一つかなっていうのを思ってます。はい。

だから質の低い環境に身を置いている人が多いんですよね。特にビジネス的に。

ああビジネス的にですね。はい。

特にコミュニティってありますけど。やっぱ意識の高いコミュニティとそうじゃないコミュニティって、それこそ雲泥の差があるっていうか、大分違うので。ただそこにやっぱついていかないといけないですよね。それなりの自分のその意欲とかレベルも上がらないと、コミュニティには属すことは出来ないので。勿論その差を埋めるっていうのでお金とかありますが、お金を払うっていうのも大事なんですけども。やっぱり質の高い環境に身を置いて、急成長しないといけないような状況ですよね。だってそうじゃないですか?プロ野球選手でもプロサッカー選手でもレベルの高い球団とかに、チームに移籍したらそこに必死こいて合わせてレギュラーとか勝ち取らないといけないじゃないですか?

はい。

だから別にビジネスの世界でもやっていることは結構似てまして。まあチームプレーとかじゃないかもしれないですけど。まあそういう環境で切磋琢磨する方が、やっぱレベルアップには近づくんですよね。そこからやっぱりやらずに逃げてる人なんかは、まあやっぱ思い切った成果は出ないですし、まあそういうコミュニティにも属することも出来ない、文句ばっか愚痴ばっか言って出来ない理由ばっか探して、努力を怠ってやらない人はまあそういう環境に居たとしても、環境の持ち腐れになっちゃいますよね。

なるほど。

だから環境に身を置いたら、郷に入っては郷に従えじゃないですけど、そこのやっぱ基準ルールでやらないと、だって他にも環境はあるわけですから。

そうですね。そうか。

そうなんですよ。だから小池さんはだから今クリリンってほどじゃないですけど、結構今だから。

クリリン(笑)はい。

私がゴシゴシ、一番直に、直にゴシゴシしてるのは小池さんで、間接的にこの音声を聴いている方にもゴシゴシは行き届いているかなと思うんですけど。小池さんはだからもうヒーヒー言おうが、ゴシゴシした環境でまあクリリンを目指してやってくださいって感じですね。

分かりました(笑)じゃあ第331回、質の高い環境に身を置く、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    質の高い環境に身を置くことで、自然と自分のレベルも引き上げられ、大きく成長しやすくなるのだと思いました。
    ビジネス的にゆるい環境では、周りを見て安心しては、なかなかやらなくなってしまいますよね。
    また、まずはこの質の高い環境に身を置けるかどうかもとても重要だと感じました。
    質の高い環境に身を置けるようにしながら、自分のレベルをあげていきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第331回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・質の高い環境で切磋琢磨する方が、レベルアップに近づく。
    ・郷に入っては郷に従えで、質の高い環境の基準ルールでやらなければならない。

    進化には痛みが伴います。
    必死こいて食らいついていきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です