ビジネスは人間が生み出したものだから学べば理解できる

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第334回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、ビジネスは人間が生み出したものだから学べば理解できるっていう言葉なんですけど。こういう視点で見たことがなかったんですよ。人間が生み出したものだから自分も人間じゃないですか?だから自分もちゃんと学べば出来るんだよっていう、こういう視点で見るとビジネス以外も何か色々習得したいって思った時に。

まあもうちょっと補足をしますと、別に自分が人間だから人間の生み出したものは理解出来るっていうわけではなくてですね。人間が生み出したものなんですよね。例えば自然界とかって、人間が生み出してないじゃないですか?

ああそうですね。

カエルってじゃあ何であの形なのかって言っても、勿論それに対してこういう理由があるんじゃないかってあるかもしれないですけど。それって別に人間が生み出したわけじゃないですよね。

じゃないですね。

カエルは。宇宙とかブラックホールとかも、あれは人間が生み出したものではないですよね。

違いますね。

ビジネスってそれこそ最初は自給自足だったんですが、まあそうじゃなくて、何か物物交換とかをしたくなってきて、その時に私は魚釣ったからとか、私は田んぼで稲がいっぱい取れたから交換しましょうとかだったんですけど。刺身みたいな、これどうしようとか何個にしようかなとかっていうから、じゃあそれぞれいくらって値段を付けて、じゃあお金とかも作って交換ねって言って、持ち歩くの大変だからってなって、それがまあルーツではあるわけですよね。それって人間が生み出したじゃないですか?貨幣制度とかビジネスというものも。

はい。ああなるほど。

だから人間が生み出したものってことは、どういうルーツでどういうことをまあ目的にどうしたかっていうのを1個1個こう全部まあ成り立ちから何から説明出来るわけですよね。何となくっていうか、その名残が今残ってる理由っていうのはちょっと分からなかったりするかもしれないですけど。何故それが生まれたかとか、それの重要なことっていうのは、やっぱ理由があるわけですよね。勿論カエルとかも進化の過程で必要だからっていうのはあるかもしれないですけど。人間が作り出したものなんですよ。ビジネスっていう概念が考えだと。ってことはどういうふうな考えで生まれたか。ってことは何をすべきか。理解をすることが出来なくはないわけですよね。

そうですね。そうか、この言葉の意味を全く理解してなかったですね。

同じ人間だから理解出来るっていうのもそうなんですけど。じゃあ理解しようと思えば、別に理解出来なくはないっていうのがビジネスの世界ってことですね。

ああなるほど。学べばですよね。

だから学ぶ機会ってホントないんですよ。恐ろしいぐらいビジネスを。だって皆学んじゃったら皆稼げちゃうので。

そうですね。

誰も働かなくなっちゃいますよね。そうなると困る人がいるから、いい労働者になるための教育がなされてきたんですけど。まあそれも限界になるからそろそろ本格的に学びましょうよっていうっていうのがメッセージですね。

分かりました。じゃあ第334回、ビジネスは人間が生み出したものだから学べば理解できる、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

1 個のコメント

  • 岩松様、小池様
    第334回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・どういうふうな考えで生まれたか。何をすべきか。理解をすることができる。
    ・恐ろしいくらいに、ビジネスを学ぶ機会がない。
    ・いい労働者になるための教育がなされてきたが。限界にきているから本格的に学びましょう。

    ビジネスのルーツを辿れば、物物交換から価値交換に進化してきました。
    これからも実践を通じて学んでいきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です