これで成果が出なかったら辞めますというのは無責任

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第391回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、これで成果が出なかったら辞めますというのは無責任っていう言葉で。よくあるんじゃないかなと思ってまして。私自身もこれ言っちゃいそうだなって思ったんですけど。言ったと思います。どっかで何かで。

そうですね。聞いたと思いますね。

ハハハ(笑)

いつかどっかで。

そうそう(笑)その時にも言われたんですよ。小池さんそれ無責任じゃないですかって言われて。そこでハッとはったんですよね。確かに辞めますって覚悟決まってるように見えるんですけど。すんごい無責任。辞めたってどうすんのよってい話じゃないですか?

これで成果が出なかったら、成果が出るまで今の負荷を2倍3倍かけてやり続けますっていうんだったらいいんですけど。何かこれって結局何か、短期的な勢いで、それで気持ちが冷めたらもう辞めるっていう、何か。辞めるってすごい楽じゃないですか?

そうなんですよ。

楽なんですけど、いざ自分がそれが何か責任取ったかのように、俺はこれでやったら辞めるみたいな、ちょっとカッコつけてる感じなんですよね。

ああなるほど。

例えば小池さん子育てしてると思うんですけど。子育てしてちゃんと子供が一年で育たなかったら、私は子育て辞めますって言ったら。

いやー相当な無責任っていうか。

それでちゃんと子供が育たないって、何を基準かによりますけど。そしたらそのやり方っていうか、それに対する姿勢を見直して、もっと良くして導くっていうか、辞めるって何か選択肢はないんですよ。辞めるっていうのを、すぐ気軽に言い過ぎで。辞めちゃダメなんですよ。

そうですね。

これから成果が出なかったり、今の2倍3倍5倍10倍どんだけ負荷をかけてでもいいから、やり続けて、成果が出たら辞めますだったら、責任感あるわけですよね。

そうですね。

まあだから逆に言えばそこまでやらないから、皆さんまあある意味無責任的な感じで、そんなに大きな収入を得ることが出来ないっていうのはありますので。すごく都合のいい言葉なんですよね。責任取って辞めますっていうのは。

そうですね。これ都合がいいし、でも何かカッコ良く一瞬思えちゃうというか、自分でカッコいいと思っちゃってる節があるので。

だからそれはその辞退っていうものに対して、すごく重みがあればカッコいいっていうか、お、なるほどと思うんですよね。例えば私はこれを受け取る権利があるんですけど、全部破棄して全部要らないです、全部入りませんって言って。っていうんだったらすごくカッコいい時もあるんですけど。何かそうですね。だから全部どっちに転んでも自分がいいんですよね(笑)

ああなるほど。そうですね。

成果が出なかったら辞めるっていうのは、成果が出たら出たでいいですし、成果出なかったらしんどいから辞めるんですよ。それはそれでいいみたいな。成果が出なかったら成果が出るまで負荷をかけてやり続けますって言ったら。

そっちの方がキツイですね。

キツイから、結果を出すっていうしかないじゃないですか?だからまあ何か成果出なかったら辞めますっていうのは、これで今回コンサルとか、今回のこれで最後にしようと思いますっていうのとか、結構いるんですけど。何か別にそこまで何か変に追い込むっていうよりかは、まあ追い込んでないんですけど。

逃げ道みたいな感じですかね?

いややりなよっていう。今後もだってお金を稼ぐってことに関してはずっと、まあビジネスはやらないといけないわけだから。やりなよっていう。だから到達したら辞めるんですよね。そのクセを付けた方がいいですね。まあそうすると結構責任感がある。ここまでやってから私は辞めるっていう。

分かりました。じゃあ第391回、これで成果が出なかったら辞めますというのは無責任、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    辞めるのは本当に簡単ですが、それはとても無責任な行動なのだと理解する事ができました。
    自分も無責任に辞めてしまった事がありますが、負荷などかけていないのに、それはそれで責任を取ったつもりでいたと思います。
    お金を稼ぐためにも、ビジネスはずっとやるべきだと思いますので、途中で勝手に辞めることなく、実践し続けたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第391回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・成果がでなかったら、更に負荷をかけてやり続けて、成果が出たら辞めます。だったら、責任感がある。
    ・辞めるという選択肢は無い。辞めてはダメ。
    ・到達したら辞めるクセを付けた方がいい。

    辞めるという選択肢は捨てて、成果が出るまでやり続けます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です