一生懸命生きてると時間がない

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第353回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、一生懸命生きてると時間がないっていう言葉で。ああなんかすごいカッコいいなと思ったんですよ。何だろう皆ほとんどの人がやらされて何か嫌なことを一生懸命やって時間がないみたいな。忙しい忙しいみたいな。

結局一生懸命やって、時間がないことには変ってはないんですけどね。

そうかそうですね。そうか。この言葉の時は、一生懸命生きてるとなので。何て言うんだろう?自分の好きなことはいっぱいあって、やりたいことがいっぱいあって、それをやってると時間はいくらあっても足りなくて、書き出して優先順位を決めて、一生懸命やってるっていう話だったんですよ。

まあ勿論そうですよ。でも結局皆さん時間ない、時間ない、忙しいっていう人が多いじゃないですか?

多いですね。

それはそれで一生懸命はやってるんですよね。

そうですね。

何でそんなに違いが出るかって、一生懸命やって時間がなくて、そんなにこう豊かになれない人と、一生懸命やってしかも好きなことで何かこんなん時間がいくらあっても足りないみたいな、何かこう何ですかね。ポジティブな人と何が違うかっていうのを考えた方がいいと思いますけどね。

ああ確かにそうですね。何が違うんですかね?

まあ(笑)その人にもよると思うんですけども。結局一生懸命やるっていうのは、そのまあポジショニングとかスタンスも含めてなんですけど。だから一生懸命何のためにどう一生懸命やってるかとか、そこらへんがまずやっぱ前提というか、思考の部分が出ますよね。

はいはいはい。

だからどうでもいいことを一生懸命やってもしょうがないんですよ。それってどうでもいいことを一生懸命るのって、まさに思考停止で。何でそもそもこれをやるんだろうっていうのを考えずに放棄しちゃうんですよ。テスト勉強もそうで、皆さん一生懸命やってるかもしれないですけども。私はそもそも何でこれテスト勉強して、皆勉強しても差がつかないとか、皆勉強してるんで、差がつかないから、推薦っていうので、他のことをやろうみたいに思いましたけど。ただ闇雲に思考を停止して一生懸命やるのと、戦略をもって一生懸命やるのでは、大分雲泥の差がつくっていうのはありますよね。

そうですよね。全然違いますよね。

前の音声でもだから戦略的に思考停止して、頭を置いた状態で手足をやるっていうふうな、一生懸命やるのは、効果的だと思うんですけど。そうじゃない一生懸命っていうのは、ある意味効果がないかもしれないですよね。で、両方に共通するのは、時間がないと。一生懸命やって。だから同じ一生懸命やるにしても、やっぱりどういう状態でやるかってすごく大事。

確かに。

だから別に何ですかね。一生懸命やってる時点ですごくいいんですけど。結構日本人の方って真面目な方が多いっていうか。

そうですね。

僕も日本人なので。外から見てるわけじゃないんですけど。僕から見てもだから皆さん結構一生懸命やってるところがあるんですけど。一生懸命やってるところがズレてたりとか。

あーーそうですね。

そうなんですよ。そこをちょっと1回見直してみてもいいかもしれないです。手足って言いましたけど。手足ってそんなに差がないんですよね。思考力って相当差があるんですよ。

ああ確かに。

例えば小池さんが考える億万長者の方とか、世界のお金持ちって誰がいます?

えーと。zozoの前澤社長とか。

zozoの前澤社長。はい。

柳井さんとか。

じゃあzozoの前澤社長と、小池さんの思考力って大分差がありますよね?

大分差がありますね(笑)

でもかけっこしたらどうですか?

アハハ(笑)

思考力の差がだけ開きますかね?

いや、開かないですね。

100m走とかも。

もしかしたら勝てるかもしれない(笑)

それは。

それは言い過ぎ、はい。

ってことは手足とかも肉体的な能力って、そんなに思考力ほど差がないんですよね。

そうですね。

だから頭をまあ前澤社長、柳内さんと言わずとも、ただ僕もそうですけど。小池さんがアウトプットすることって別に僕と前澤社長とか柳内さんとかの差はすごい差があるにしても、小池さんがアウトプットすることって結局そんなに、僕の能力の範囲内のことが多いじゃないですか?

はい、多いです。

ってことは別に頭はそれで良くて、後はそのそんなに差がつかない手足の部分。私であろうが前澤社長だろうが、柳内さんでも足らないような手足でも一生懸命やれば、合理的な一生懸命ではありますよね。だから会社とかってそれで回ってる訳ですよ。

そうですね。

前澤社長の頭の中を皆さんが動いて、一つのものを作ってる訳ですよ。まあそうじゃないって人もいるかもしれないですけど。だから一生懸命も大事で、時間がないのもいいんですけど。そこをもうちょっと真剣に考えた方がいいかなと思います。その方が結構何か有意義な、有意義な建設的な努力になるかなと思います。

分かりました。じゃあ第353回、一生懸命生きてると時間がない、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    どうせ一生懸命マジメにやるなら、よく考えて効率的にやった方が断然いいなと思いました。 
    今まで僕は思考停止のまま、何も考えずにやってきてしまったのだと思います。だから周りとの競争に負けたり、苦しい状況になってきていたのだと感じました。
    自分を客観視して、どう動くのが効果的か?なども考えられるようにしていきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第353回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・同じ一生懸命やるにしても、どういう状態でやるかってすごく大事。
    ・手足にはそんなに差がないが、思考力には相当差がある。

    合理的な一生懸命になる様見直していきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です