お金に困ってる=病気

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第210回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、お金に困ってる=病気っていう言葉で。この言葉を聞いた時は結構衝撃だったんですよ。あっそうか、お金に困ってるって=病気なんだって思ったら、じゃあ病気を治すために、普通病気って治す時は病院に行くじゃないですか?だったら治さなきゃいけないなと。治すためにどこでどうしたらいいかって考えなきゃいけないなって思ったし、治すための行動をしなきゃいかないなっていうふうに思った、深く思ったきっかけの言葉ですね。ここまで何だろうな、病気なんだって思うことって中々ないと思うので。結構強い言葉なんですけど、ちょっと上げさせて頂きました。

そうですね。まあ慢性的にっていうか、ずっと困ってたらそもそもおかしいと思わないかもしれないですけど。でも世の中にお金持ちの人がいて、勿論生まれた家がお金持ちだからっていうのもあるかもしれないですけども。お金に困ってない人もいるわけですよね。

はい。

何が違うかっていうので、今そのインターネットがあるので、情報とかもいっぱい得られるわけですよね。困ってるって何かまあ例えば、それこそホントの病気で、風邪だったら困ってるじゃないですか?

困ります。

まあ後は色々ありますけど。そん時に、やっぱ何かしら解決策を求めるっていうか。風邪だったらその病院に行って、診察してもらって薬を処方してもらって、薬飲んで安静にして治すじゃないですか?

治します。

治して、それを解決しようとするじゃないですか?お金に困ってるのに、なんかそのあんまり解決しようとする人って意外と少ないっていうか。

そうなんですよ。そうなんですよ。何でなんですかね?

何でかっていうと、まあだからそれが昔からそれが続いているから、そうだと思ってるんですね。

そういうもんだと。

そうですね。のもありますし。確かに別にお金がなくても、ないなりに何とかなるんですよね。

そうですね。はい。

病気って風邪だったら、緊急度が高いっていうか、お金に困ってるって緊急度が高いっていうか、緊急度というよりかは、緊急度が高いイベントがあればまた別ですけど。そういうのが起これば。でもまあ何か、ウチは貧乏でも、仲睦ましく、これはこれでいいよねみたいな、合理化になるわけですよね。別にそれでホントに良ければいいんですけど。でもやっぱそこでホントはお金欲しいとか、金持ちは憎いみたいになるんですけど。でも金持ちは憎いっていうか、特にこの日本においては、お金をいっぱい稼いでいる人って、いっぱい税金も納税してるのに。

そうですよね。

特に何のリターンもないので。だからそう考えるとすごいいい人なんですけどね。うっふ(笑)

そうですね。

だからまあそれを踏まえてですけど。だからお金がすぐ稼げて当たり前のように稼げる人からしたら、お金に困っている人ってもう病気にかかってるみたいなもんで。でも病気って別に不治の病じゃなくて、治そうと思えば治せるんですよね。但し、これもちょっと時間はかかりますよねと。

ああ、うん。

だから病気っていうのは強い言葉でもありますけど。まあ治せるので。ただそれはあなたがやらないといけないんですけどね。だから生活習慣病みたいな感じですかね。

結構大変(笑)

それは改善していかないといけないので。

そうですね。でも私この言葉を聞いた時、希望的にもなったんですよ。病気だったら治せばちゃんとした専門機関じゃないですけど。病院に行って治せば治るじゃないですか?

まあ治る可能性は高いですね。

高いってことですね。なのでじゃあ治したいって私は思ったので。

それはだから素直さであり、でもまあ末期になるとキツイですけどね。

末期?

病気も末期症状になると。だから早いうちからっていうか。だって何十年間の価値観がこびりついているわけですから。それを全部一旦こう、それで稼げてないんだったらその考え方を変えないといけないんですよ。これがだから大変なわけですよ。

そうですね。

今まで自分はこういう考えだったのに、それが全部否定されたような感じになるので。

なるほど。

だからゴシゴシが必要なわけですよね。

そうですね。

これもある意味軽く、軽く。

処方箋みたいな。

そうですね。軽くですね。

なるほど。分かりました。じゃあ今回、第201回目ですね、お金に困ってる=病気、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です