グズグズは最悪なマインドセット

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第389回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、グズグズは最悪なマインドセットっていう言葉で。私に言われているみたいな感じなんですけど(笑)自分自身もまあグズグズグズグズがすごくてですね。こう岩松さんイライラしたんだろうなって思うんですけど。決めるまでがグズグズになっちゃったりとかするので。そうすると何にも進まないですし、何にもいいことないし、教える側としてもちょっと嫌じゃないですか?

ちょっとどころじゃないですね。

大分嫌ですよね。

ちょっとどころじゃないです。

何がしたいの?ってなると思うんです。実際言われたりしたんですけど。何がしたいの?ってホントにそういう状態になると、何のためにこうコンサルを受けて学んでいるのかっていう部分も何か。意味が不明っていうか、時間も無駄だし。

だから合理的じゃないことを僕がやりたくないんですよね。だって教えて下さいって来てます。じゃあこうしてやりましょうってある程度解決策はお伝え出来ます。もちろんその基準でやらないとダメですけど。こうやってきましょうと。進む進まない、じゃあ進まないのは何でだろう?進んでるんだったらどうするってある、それをどんどんどんどん進めていってってことで。今この瞬間別にそれをやればいいだけの話で。だって早く成果出したいんでしょっていう。そこはだってそうじゃないですか?にも関わらず、にも関わらず、グズグズグズグズグズグズ時間が勿体ないわけですよね。だからあえてそのグズグズを売りにしてるものだったらいいですよ。例えば何かその何か路面電車とか結構別に遅いんですよね。市内電車も遅いですし、そういう何か何ですかね。

レトロな。

レトロなものとか、グズグズが売りなものですよね。何か竹富島とかに、そういう何か牛みたいな、水牛か。

水牛ですね。

あれもすごい遅いんですけど。

アレもグズグズってわけではないですけど(笑)

まあ僕から見たらグズグズしてるんですけど。まあでも本人は必死こいてこう、引っ張ってるんですけど。だからゆっくりっていうのが、あえて街並みを見るとかそれでいいとかだったらいいんですけど。ビジネスでしかもスピード勝負で、パッパパッパ決断して進んでいかないといけないのに、グズグズグズグズグダるっていうのは、子供の時にでも卒業しておいて欲しいっていうか。行くよ!はい、行くよ!って言っても、うぎゃーうぎゃーって言って。うん、ありません?

あります。今まさにそうですね。

だから最悪なわけですよ。子供はしょうがない。

まだ可愛いけど、大人がやったら可愛くないですよね。

だからもうやんなくていいよってなるわけですよね。

そうですね。

ビジネスって、何か別にやらなくてもいいので、そんなグズグズするのに、無理にやって頂かなくてもいいですよっていうのは、僕が言うのではなくてお客さんとか市場がそういうふうに言うので。皆さんそうじゃないですか?厳しいじゃないですか?川島がとか日本代表には厳しいクセに、自分がちょっとグダグダしたら、もう大ブーイングですけどね。

ハハハハハ(笑)

皆に言われますけど、グズグズしてこれクソだって言って、コイツはビジネスやるべきじゃないって皆に言われますけどね。

そうですね。

それ以上にあなたはそのもっと世界のトップになっている人にグダグダ言ってるには、グズグズしてるなっていう。えらい違いだなと思いますけど。

そうですね。これもうやりたいと思ったらグズグズはやめてスパッとやった方が結果的にいいですけどね。

まあスパッとやったから上手くいくわけじゃないんですけど。グズグズしている時間よりかはいいですよねっていう。

なるほど。分かりました。じゃあ第389回、グズグズは最悪なマインドセット、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です