比較対象がおかしい

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第301回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、比較対象がおかしいっていう言葉なんですけども。そのそれこそ学びに投資する時の金額、それこそ岩松さんのコンサルって結構な金額がすると思うんですよ。するんですけど、それを何と比べるかそれをですね、例えば日々の外食代とか比べたらちゃんちゃらおかしいじゃないですか?稼ぐ力を付けることを学ぶための資金と、外食費とかって比べるのも申し訳ないぐらい全然違うものなのに、そういうことをよくしちゃってて。

まあでも結局お財布の中に資金が、有限な資金があって、どこに配分するかっていう意味では、確かに飯を食おうかなあ、これにしようかなあっていうのは、それは勿論比較するっていうか、どこに使うのかって考えると思うんですけど。

配分ってことですね。そうですね。

別に前もこういう音声あったかもしれないですけど。例えばお母さんとハンバーグどっちが好きですかって言っても、それはそれで結構両方別に好きなんだけどなっていう子供もいると思うんですけども。うん。でも結局、結局ですけど、お金が稼げれば解決するわけですよね。根本的な原因は。稼げないから節約したりとか、どうするかってことなので。

そうですね。はい。

僕はこのお金を稼ぐことが、人生のプライオリティが高いんですよ。キレイごと抜きで。だから僕は時間資金労力をそこに全部つぎ込んでひたすらやってますけど。それをやればいいなと個人的に思いますけど。やるやらないはあなた次第で、それよりもいや自分はおいしい肉が食べたいとか、マイホーム買いたいとか、自分は何かキャバクラいきたいとかだったら、別にそれは自由ですけど。ただまあ僕は個人的にはお金を稼げるようになってから、稼げるようになってから別にそれをやればいいんじゃないのと思いますし。稼げるようになってもどんどん稼ぐために色んな知識経験スキルを身につけるんですけど。

そうですね。

だからコップから水が溢れてから、溢れた水で買えばコップの中もまあなくならないのでっていうのは前も言いましたけど。だから比較対象って結構難しくて。何か全部ごっちゃにして考えちゃうんですよね。うまくいかない人のクセって全部をごっちゃにして考えて、何かそうです。ただ僕のコンサルに来てうまくいかなかったとしても仮に。うまくいかないっていうのは、何か植物もそうですけど最初に根が張ってるので、いきなり花が咲くと思ってるかもしれないですけど、ちゃんとステップがあるので、うまくはいってるんですけど。でもそれとあなたが今貧乏なのは、あなたが何十年の方が大きいわけですよね。そうじゃないですか?例えば何十年、十何年間、何か別のことをやってきて、違うことをちょっと数か月やって、それでうまくいかなかったら、人のせいにするっていうのは。

おかしいですね。

そもそも十何年間の方をまず疑うべきなんですよね。十何年間相当うまくいってきて、三カ月で全部狂ったっていうか変になったらおかしいですけど。狂ったって言っても、そこでお金使ってうまくいかないっていうのもちょっと別に自己判断なのでどうかなと思うんですけど。だからもうちょっとだからちゃんとどういう理由でどういうふうになってるから、こうこうこういう理由でこういうふうなっていうふうにちゃんとこう論理的に考えて欲しいんですよね。コンサルとかもその価値観で、一生こう新しい価値観を教えてもらってから、今後一生生きると思ったらかなりのすごい価値だと思うんですよね。

はい。

だからどういうふうに考えるかによって、大分違うんですけどね。

そうですね。これ比較対象がおかしいっていうのは、私の中で比較対象がおかしかったなってすごく感じるので。なので、これちょっと一回今一度考えた方がいいかなっていうので、ちょっと上げさせて頂いた言葉ですね。分かりました。第301回、比較対象がおかしい、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です