「贅沢したいわけじゃない」というのはできない自分を認めたくないだけ

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第384回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、「贅沢したいわけじゃない」というのはできない自分を認めたくないだけっていう言葉で。これはちょっとグサグサっときた言葉で。私自身が贅沢したいわけじゃないんですよって言ってたんですよ。だけど確かにそれって贅沢出来る状態になってから、言えばいい話であって。

だからお金が全てじゃないっていうのもそうで。それはお金を散々有り余るだけのお金を手にした人が散々色んなことにお金を使ってみて、それなりの満足感を得たものの、やっぱり何か満たされずに、ふっとした時にホントにそれを思って、色々やってみたけど、ホントにお金が全てじゃないんだなって言ったら、そうだねって思うんですけど。

そうですね。

だってお金が全てじゃない人って、全てじゃないと。ない人がお金が全てじゃないと。じゃあ例えば音楽でメジャーデビュー出来てない、全然売れてないアーティストが、別にメジャーになることだけが全てじゃないとか、別に紅白とか別にそういうミュージックステーションの舞台に出なくていいと。って言ってるのとちょっと近しいというか。

そうですね。

出てないんでしょ?って言って(笑)

ハハハハハ(笑)そうですね。

もし出れるんだったらしかも出たいんでしょっていう。

そうそうそうそう、そうなんですよ。

お金が全てじゃないんですけど、全てじゃないんですけど、もしじゃあ私がじゃあ今から100万円を振り込みますって言ったら。

欲しい(笑)

それは頂いておきたいんでしょって言って。それならそれでいいじゃんって思うんですよね。

そうですよね。素直じゃない自分がいたなっていう。

後は贅沢したいわけじゃないっていうのも、これは贅沢って相対的なものなので。じゃあ何か他の人もそうで、例えば前澤社長とかと比べて贅沢したいわけじゃないってっていうのはあるかもしれないですけど。あなたの生活っていうのは、例えば地球の裏側の人からしたら十分贅沢なので。贅沢したいわけじゃないんだったら、じゃあ俺に譲れってなりますけどね。

なるほど。

ってことは贅沢したいわけですよ。今の生活がいいわけですよね。それは他の人からしたら贅沢かもしれないと。まあそんなのイチイチ細かいこと言ってどうするのって思われるかもしれないですけど。そこらへんの感覚ってやっぱ結構大事で。僕は別に贅沢っていうか、僕は必要だと思うところには、惜しげもなくお金は使いたいですし、無駄なことは使わないですけど。多くの人はだから家とかそんな高いところ住みたくないとかっていうのは、そのお金が限られてるからその範囲内で家に充てる家賃充てるのがそんな高くなくていいから、贅沢したいわけじゃないということだと思うんですけど。結局ある程度所得が増えたら税金も増えるので、経費になるんだったら借りた方がいいっていうふうになるわけですよ。僕もそうだったので、どんだけ稼いでも家なんか安いところでいいよと思ってましたけど。まあそれが経費になったりするんだったら、まあ税金多く払うのか、それが経費になるのかっていうので、ああこうやって消費が促される時代になってるんだなってふうには思いましたし、お金使わないと日本経済が回らないので。そういう意味ではまあいいのかなというふうな感じなんですよね。贅沢って言っても、まあ何かそれが普通になってくると贅沢だと思わないわけで。

なるほど。

だってそうじゃないですか?皆さんの生活も地球の裏側の人からしたら贅沢で、ちょっと前の日本からしたらすごい贅沢なわけですよね。

そうですね。

だから贅沢したいわけじゃないって言ったら、じゃあ全部没収すればいいっていう。でも嫌だと、ってことは贅沢。今の生活の中でも贅沢な部分がちょっとあって、他の人から比べたら。それを取り上げられるのは嫌だってことは、贅沢はしたいんですよ。

なるほど。

だから別に贅沢したいでいいじゃないですか?

そうですね。

贅沢したいお金を稼ぎたい価値を提供したいその分無理やりやる、でいいじゃないですか?

いいです。いいです。

変にごまかさないっていうか。

何か変にカッコつけて変にごまかすクセがあるので。

でもやっぱいいものはいいですけどね。まあ価値観も問題はありますけど、いい食材いい教育いいホテルいい空間いいサービスはいいですけどね。

間違いないですね。そうですよね。分かりました。じゃあ第384回、「贅沢したいわけじゃない」というのはできない自分を認めたくないだけ、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    できない自分を認め、贅沢できるように頑張りたいと思いました。
    自分もそこまで贅沢したいわけではないとか思っていましたが、地球の裏側の方に比べたりすれば、たしかに贅沢に感じられますよね。ですが、やはりそれを捨てたくはないのが本音です。
    そして、コンサルを受けさせていただく前の、しんどかった生活にももう戻りたくないと思いました。
    もっと色々な経験ができるように、もっとお金を稼いでいきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第384回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・贅沢とは相対的なもの。
    ・必要な事には惜しげもなくお金を使い、無駄なことには使わない。
    ・お金を使って日本経済を回す。

    贅沢したい、お金を稼ぎたい、価値を提供したい
    これらのマインドをセットで、ビジネスをしていきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です