普段の生活から何事も必死になったほうがいい

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第385回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、普段の生活から何事も必死になったほうがいいという言葉で。岩松さん自身がそういう人生、人生というか。必死になるポイントでは結構必死になってきたのかなっていう気がするんですけど。

そうですね。これもちょっと補足っていうか、まああながちそうじゃないこともあるので、ちょっと言っておこうと思うんですけど。例えば会社員の方って、勿論仕事も一生懸命やった方がいいんですよね。普段から必死にやって。そこで仕事でも信頼を得られた方がいいんですけども。かといってじゃあ会社で一生懸命やっても、まあ自分にはそんな反映されなかったりするので、そこで体力温存しておいて自分のビジネスに必死になってやった方がいいっていう考えっていうか、そういうのもありまして。だからそこの辺りは難しいですが、要所要所ですね。勿論普段から必死にっていうのは理想ではありますけど。まあそれは疲れちゃうので(笑)

ハハハ(笑)

だから何だかんだコイツは手を抜いているように見えるかもしれないけど、やる時はやってすごく頼りになって、会社からしてもすごいいいと。家庭でもそうだと。何かそのビジネスもやる時はやると。っていうことで、最終的に何だかんだ言ってあいつは必死になってコイツこうやったなっていう状況が理想なわけですよね。僕もブラック企業って外回りの営業っていうか、新規開拓だったので、外回りの人って大体営業ってそうなんですけど。結構サボり放題ではあるんですよね。

そうですね。

GPSを付けたりとかそういうのはあるみたいですけど。そういうところによっては。でもそれは結構営業の醍醐味で、外行って休憩したり自分で。それでもちゃんとやっぱ数字を作ったりとか、必死こいてやる時はやって、まあその辺りですよね。毎日ずっと必死にやって、成果出さないよりかは、そこをある程度メリハリつけながら、営業の醍醐味的なのものを堪能つつも、やっぱりやる時にはやってちゃんと結果を出して、こいつはやるなっていうふうに思われた方がいいわけですよね。

そうですね。

やっぱり僕も最低限会社とかに文句はブラック企業ってありますけど。言いたくなりますしいっぱい言ってましたけど。でも給料とか経費が出てるわけですよね会社から。だから最低限自分はやることをやった上で、これはおかしいんじゃないかって言うわけですよね。そんだけおかしくて自分が出世したい会社を変えるつもりがないんだったら、自分が去ればいいっていう。そういうための大企業なので。だから別に僕はだからそういうある意味、まあ合理的な考え方っていうか。だったので。何かそういう意味でちゃんと自分が物申したいんだったらある程度必死になって、だからそれをやらないのに、川島はクソだとか、本田はウスノロだって言うのは何か寂しい人生だなと思いますけどね。だからあんたらがまず必死になったあんたらが成し遂げて、その上でちょっとだけ言うんだったらまあいいんじゃないかなと思いますけど。

なるほど。分かりました。じゃあ第385回、普段の生活から何事も必死になったほうがいい、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    メリハリをつけてやり、結果をしっかり出す事が大事なのだと理解する事ができました。
    僕はただダラダラとやってしまい、結果も出せなかったことも多いので、大きくマインドを変えていかなければと思いました。
    普段の生活から何事も必死に取り組めるように、意識していきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第385回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・会社では自分には反映されなかったりするので、体力温存して自分のビジネスにとっておく。
    ・やる時はにはやって結果を出す、

    普段の生活から何事も必死にやります。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です