成功者は初対面相手に値切らない

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第128回目を録っていきたいと思います。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

128回目がですね。成功者は初対面相手に値切らないって言葉で、結構ホントに最初の方に言われた言葉です。価格交渉をしましょうって情報が結構あって。私も情報を色々聞いて、そうか価格交渉をして、安く仕入れて高くっていうか売るんだって。他の皆より安く仕入れればその分利益が、まあ物販に関してなんですけども。利益が大きく出るから価格交渉をしなきゃと思ってたんですけど。でも普通に考えれば初対面の人に価格交渉するって、すごいウザい客というか。

いや別に初対面でも価格交渉に値するようなオファーであればいいんですけど。皆さんだって個人レベルで、小池さんだって何個ぐらい買いました?いくらの商品何個ぐらい買いました?

記憶にないくらい微々たるものです(笑)

ウン千円?ウン万円?

ウン千円です。

ウン千円ですよね?ウン千円のものに値下げでOKっていうのは、よっぽど不良在庫になっているとか、すごい向こうからしたらいい商品で、ちゃんと利益、置いといても売れる商品をそんな別に値下げする理由もないじゃないですか?成功者はっていうか、普通に考えて個人レベルの戦略で値下げでアドバンテージを得るって結構難しいんですよね。だってそんなに資金大量に全部買うから、このお店全部買うから安くしてって言ったら、じゃあいいかなと思いますけど。小池さんが言ってきて普通に買うと高いから、ちょっと安くしてって言っても。それ大阪のおばちゃんレベルですよ。

そうですね。

大阪のおばちゃんの、ちょっと負けてーやーみたいな。

この時もう一つ言っていたのが、相手目線で提案しないとっていう話だったんですよね。なのでホントに相手の事を考えずに値下げを要求していくってのって、ビジネスをやる上で相手のことを全然考えてない部分もあるのかなというのは、この言葉ですごい思ったんですよ。

まあメリットがないとって感じですよね。ってか値下げって戦略的に結構キツイですよっていうのを繰り返しお伝えしますけども。小池さんごときが値下げして出来るんだったら、僕なんかはもっと値下げできるので。これでもホント大事で、だから別に初対面でもいいんですよ。初対面でもそれが相手にとっていいオファーであれば、例えばですよ。現金が欲しくて在庫がいっぱいあって首が回らない人が、僕が初対面で大丈夫ですかって言って、僕はたまたま資金的に今余裕があるので、もし良かった全部買いますよって、多分資金が戻ってきた方がいいと思いますのでと。ただその分ちょっと安く、もし可能であれば、初対面でも別に値切ってますけどいいじゃないですか?

はい。

値切らないっていうか、値切ってあげてるっていうかむしろ。それに近い感じなんですよね。だからよく分からないっていうか、価格交渉って言っても、直取引とかって大体、ペイパルの手数料がないとか、イーベイの手数料がないとか、そういうのはあるかもしれないですけど、それぐらいなので。まあそこで稼ぐっていうのは、ビジネスモデル的にどうかなっていうのはありますね。

どちらかと言うと高く売る方に注力しましょうって最初。

高く売るっていうのは、企業努力が必要な訳ですよね。だってルイヴィトンとかもそうですけど。ルイヴィトンってアレいくらですかね。原価はすごい安いわけですよね。それを叩いて叩いて安くしろって、それで売るんじゃなくて、アレをいかに高く売るかっていうところでフォーカスして、だからアレだけビルが建ったりとか、あんだけ色んな従業員が世界にいるっていうことなので。高く売るってところが価値を届けて、付加価値を付けるとか、どうやってこう、そこがまあ企業努力なんですよね。そこがあんたの仕事なんだよっていう。だから一番値下げっていうか、価格訴求ってよく言いますけども。販売って一番こう頭を使わないんですよね。

そうですね。

だから機械的に出来るので最初にやるのはいいですけど。うん、だって一番こう何か原始的っていうか、一番頭を使わない方法って、この商品とりあえず安く90%オフですって言ったら、売れるじゃないですか?

そうですね。

だからもうちょっとどうすれば全体がうまいこと回るかを考えて、やっていかないと。そんなによく分からないのに、安くしろって言っても。

そうですね。

まあそれはタイミングが合ったらそんな言わないんですけど。何かネットだったらメールを片っ端から送ったりとか。ただまあ、とりあえずあたりを付けるっていうのも悪くないですけど。ただまあもうちょっと何かピンポイントに、ちゃんとこう言って話てこういうこうだからこうってある程度シミュレートした上で、提案しないと。オファーが下手くそなんですよね。うまくいかない人って。何に対しても。なのでその辺りですよね。

分かりました。第128回成功者は初対面相手に値切らないを終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

1 個のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    闇雲に値切る事は、あまり良い印象にならないのだなと思いました。
    もし、値切るにしても、相手のメリットを徹底的に考え、良いオファーをする事が重要なのだと思いました。
    僕は今まで相手のメリットを考えない、見当違いのオファーばかりしていました。今思えば、自分都合のオファーでしかなかったなと思います。
    これからもゴシゴシさせていただき、マインドを整えていきたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です