もっと真剣に考えた方がいい

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第274回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、もっと真剣に考えた方がいいっていう言葉ですね。岩松さんによく言われて、もっと真剣になってもっと真剣に考えなさいってすごく言われる言葉なんですけど。何か自分の人生なのに、自分の人生をそこまで真剣に考えて来なかったっていうのが、正直なところなので。でも真剣に考えなきゃじゃないですか?

いや別に考えたくなければ考えなきゃですけど。考えたくなければ考えなくて良かったかな(笑)

でも稼ぎたいと思うのであれば、真剣に考えた方がいいのかなって思ったんですよね。

ただ結局勿論真剣に考えた方がいいんですけど。稼ぎたいのなら真剣に考えた方がいいと。何をもって真剣かっていうのと、今まで稼いでない人の、真剣に考えたことって、そんなに大したことじゃないことがあるので。じゃあどうするんですかとか、思われるかもしれないですけども。まあ前回の音声とかで何か、細かすぎて伝わらないとかありましたけど。一言一言どうすれば顧客のこの心に、深く奥深く刻み込まれるかっていうのを、考えて考えてベストな言葉をチョイスした方がいいわけですよね。

ああはい。

全てにおいて。何となくとか、何となくが多いんですよ。判断基準とか、何でそれをやるとか。私がよく言ってますけど。何か皆さん副業とか、小池さんの旦那さんの給料とか、世帯月収の形だと。そこまで本気になれてないんですよね。だからその課題をやって満足とか、どうでもいいことばっかりやってるっていうか。課題も大事なんですけど。だってそれが小池さんがこれ1本で、他で世帯月収がなかったら、もっとやることが変わるじゃないですか?

変わりますね。

それがようやく真剣にやるべきことなんですよ。真剣に考えて真剣にやるのが、そのベストな選択っていうのは、その状況になってやるんですよ。その時の目の色とか、行動の取り組む姿勢とかガラリと変わると思うんですよね。でもその一定の安全が担保される方が、真剣にやらないと。でもこれ逆説的で、実はホントのプロフェッショナルっていうか優秀な人って、それが保たれた方がやるんですよね。私とかもそうですけど、別に私はお金に切羽詰まってないですけど。まあ日々真剣にやってますんで。だから何ですかね(笑)これも人にはよるんですけど。大体多くの人は、今その最低限、固定収入があって生かされてる状態なので、それがない時にホントになくて、これ一法人、一事業主だとして、これでうまくいってないと、赤字でぶっ潰れると。いう状況で何をやってるかっていう時の真剣にやるってことを考えた方がいいってことですね。

背水の陣じゃないんですけど。

まあ背水の陣って言ったら、常に背水なんですけど。だから事業だけだったらもうぶっ潰れているわけですよね。だから普通にそれだったら、そんなことしないよねっていうことなんですよ。だから必死にとにかくやるクセが付いてないんですよね。一生懸命真剣に。昔からかもしれないですけど。適当に何かラジオ体操とかも適当にやったりとか、それはいいんですけど別に。何か全部適当に力を抜いて。それは会社っていうシステムがそんなにやってもやっても変わらなかったりとか、成果報酬とか歩合のところもありますけど。まあそんなにやるのが恥ずかしかったりとか、評価されないからって言って、ドンドンドンドン真剣に考えない、真剣にやらないってクセが付いちゃっているんですけど。サボった方がだって得じゃないですか?小池さんも会社にいたと思うんですけど。ちゃんとやってもあんまり変わらないから、やらなくてもいいよみたいに思う人がいっぱいいたと思うんですけど。そこからまあ。

真剣にやらないクセが付いちゃってるっていう人が多すぎるって感じですか?環境的にそうなっちゃってるんですか?

まあそうですね。

そうか。もっと全部真剣に考えて、今まだ大丈夫な時にこそ真剣に考えるのがプロ。

だから丁度いいような時代になってまして。それこそ稼ぐ人と稼がない人の二極化とか、年金とかも出るか出ないとか消費税も上がってとか、嫌でも真剣に考えざるおえない時代になってきたので。今まで何となくで良かったんですけど。そろそろ真剣に考えざるおえない時代なので。皆が真剣にならざるおえない時に真剣に考えても差がつかないので。早めに真剣に考えた方がいいんじゃないかと思いますけどね。

分かりました。じゃあ第274回、もっと真剣に考えた方がいい、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    自分もなんとなく〜で真剣に考えない事が多かったので、もっと真剣に考えて意識を変えていかなければならないと思いました。
    事業で追い込まれてからようやく動き出したように、切羽詰まらないと動かないのは良くない部分だと思います。
    背水の陣に自分を追い込みながら、今すぐ実践しなければならない事は何かを考え、成果に繋がるように日々実践していきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・顧客に響く一言一言を真剣に考え、ベストな言葉をチョイスする。
    ・本当のプロフェッショナルは、切羽詰まっていなくても真剣にやる。
    ・必死にやるクセをつける。
    ・もう真剣に考えざるを得ない時代になっている。

    今一度人生を見つめ直して、真剣に考え行動していきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です