理想の未来とか愚痴はたくさんあるのにどうやって辿り着くかは完全に放棄

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第283回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、理想の未来とか愚痴はたくさんあるのにどうやって辿り着くかは完全に放棄っていう言葉で。グッサグサグサってきた言葉の一つですね。確かに理想の未来とか愚痴ですね。ホントに沢山あったんですけど。実際それを改善してどうやっていこうっていうのがホントに完全に放棄してしまって、学ぼうと思ってなかったし、まあ我慢ですよね。我慢っていうか、我慢もしないですよね。愚痴ばかり言ってるので、みてくれの我慢みたいな感じで、当たり障りなく毎日過ごすことに注力してたなってすごく思いました。

これはだからすごい素直じゃないんですよね。素直さって自分の無知を認めて改善する姿勢のことだから、ハイハイハイハイ黙って聞いてやるってわけじゃなくて、それも全部思考停止なんですよ。

ああそうですね。

とにかくお金を稼げてない人、うまくいってない人って思考が停止してるんですよね。ただそれも戦略的に思考停止してるんだったらいいんですけど。例えば小池さんもどっちかっていうと結構思考停止はしてるんですが。

してます(笑)

でも僕っていう一応頭が1個ここにあるわけで。頭がある状態で、変に思考をしないっていう方が、まあ自分は手足って動くことにフォーカスすると。頭があるから手足があってそれが活きるわけですよね。

そうですね。

別に私は手足はそんなにやりたくないっていうか、動きたくないので。私の考えたことを小池さんに伝えてやると。それはすごく合理的な考え方なんですよね。だから単純に思考停止というよりかは、もちろん停止してないんですけど、小池さんの中ではフル回転してるかもしれないですけど。フル回転して小池さんが考えたことよりも、私が考てることを採用するわけですよね。

そうですね。はい。

だから別にそれでもいいんですが、その状態じゃないのに、まあ理想の未来、愚痴が沢山あって、辿り着くか分からないで放棄、もしくはそれでこういう風にやってやればいいって言っても、それにも反論するっていうか、それにも素直にやらないと。こういうのをこういう基準でこういう風にやったらいいよって言ってもやらないと。ってことは完全に自己中心的な戦略のない自己中なので、それは中々未達で終わると。ですし、そういう人に中々手を差し伸べる人ってあんまりいないと。子供の赤ちゃんだったら可愛いとかになるかもしれないけど、大人になったら自己責任っていう。

そうですね。

シビアですけど、そういうことですね。うん。

これ絶対グサグサ来る人多いと思うんですよ。

ああそうですか。

言われて気づくっていう。やってたなっていうのがあると思いますね。分かりました。第283回、理想の未来とか愚痴はたくさんあるのにどうやって辿り着くかは完全に放棄これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です