お金は自己向上のためのツール

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第340回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、お金は自己向上のためのツールっていう言葉ですね。この後に続いてた言葉があって。ああホントだと思ったんですけど。快楽にそのお金を使うとですね、結果的に罪悪感になって快楽にならないっていう言葉が続いてて。で、確かに結果的に、その時はいいんですよ。使って快楽で、それこそストレス発散でご飯いっぱい、おいしいものを食べるとか。っていうその時はいいんですけど、その後にやっぱ罪悪感とかが残っちゃったりするので。ただ逆に自分を向上させるために使ったお金って、罪悪感とかあんまりないんですよね。っていうよりは、清々しさの方があるので。でもこれを言葉で言われてようやく自分の中での、そういえばそうだわって気づけた言葉ですね。

だからその自己向上のためにツールともなりえるので。お金はそういうものじゃなくて、お金をそういうところに使った方がいいってことですけど。少なくともお金がないうちって、全部自己向上のため以外に使うっていうのはありえないわけですよね。そんなに消費とかに使うとかありえなくて。だってそれは原資が減るわけなので。

そうですね。

そこでリソースが少ない時に、自己向上のために全部全突っぱの勢いでやって、それでまあ学びて富ってありましたけど、富みて学ぶってありましたけど。それでよく言われますけど。水から溢れ出てくるようになってから、ちょっと何かそれを使えばいいんじゃないかと思いますけど。それすら待てなかったら結構キツイっていうのもありますし。

そうですね。

ビジネス的な飛躍って意味ではですよ。だから多くの人が飛躍出来てないっていうのはそういうことなんですよね。世の中って誘惑とかいっぱいありますし、お金を使うことっていっぱいあるので、広告もそうですし色んな何かあるので。どこに何を使うかって結構大事なんですよね。かといってじゃあ学びに俺はお金使ってエッヘンって思っている人も、お金だけじゃなくて、それの自己満じゃなくて、ちゃんとそれを活かして欲しいんですよね。がっつくわけでもなくこんだけお金を払ったからとかではなくて、それはそれとして普通にニュートラルにそれを学んだことでアウトプットして富を得て欲しいんですよね。

はいはい。

だからそれで満足とかじゃなくて、ちゃんと自己向上をさせて欲しいんですよね。その繰り返しなので。だからまあお金の使い方っていうのもすごい大事ですね。稼ぐのもそうなんですけど。

そうですね。どこに配分するかっていうので、ホント全然変わってきちゃいますよね。

だからお金の使い方が下手な人が多いんですよね。印象とかもそうですし、相手に与える印象もそうですし。自己向上に繋がらないところに、捨て金にお金を払っている人が結構多いので。まあその辺りもちょっと見直してもいいんじゃないかと思いますけどね。

なるほど分かりました。じゃあ第340回、お金は自己向上のためのツール、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です