マインドは環境にいないと身に付かない

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第339回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、マインドは環境にいないと身に付かないっていう言葉で。ホントその通りで。私自身は岩松さんのコンサルという環境で、マインドをかなりゴシゴシしていただいた状態で。で、だけどそれでも、その環境にいても、戻るんですよ。戻るっていう、今も戻ったりとかもすごいしちゃうんですけど。だからその環境にいても、戻っちゃうってことは、ホントにどっぷり環境に浸かって結構意識してやっていかないと、キツイなっていうのはすごく体感として感じてますね。うん。だから環境にもちろん飛び込みつつ、勿論意識もしつつなんだけど、環境にもいなかったりとかすると、それこそマインドを身につける、身につけるというか変えていくのはキツイかなっていうのは。

だから全部そうなんですけど。プロになると考えて欲しいんですよね。

プロになる。

プロになるってことは、しかも今までやって来なかった人がプロになりたいってことは、それはねえ?すぐだってその環境がないと甘えちゃって、まあ都合のいいように言い訳合理化をし、になりますよね。プロフェッショナルになって欲しいんですよね。とにかく。で、そんな大きな金額を稼ぎたくないとかってあるかもしれないですけど。その稼ぐ金額はとりあえず置いといて。どちらにせよプロフェッショナルになって欲しいんですよね。何が違うかって言うとマインドが違うんですよ。プロの例えば野球選手と草野球でただ楽しんでいる人って、マインドが違いますよね?

違いますね。

で、マインドでプロになりたい時に、やっぱりその環境にいないと身に付かないわけで。環境にいつづかないといけないですよね。しかも高みを目指して。

ああそうですね。

これだから繰り返しますけど、当たり前なんですよね。スポーツやら何やらもそうなんですけど。

そうですね。

こんだけ頑張ったとか言うのってあまりないんですよ。だってそれこそ小中学生の部活の方が頑張っているので。普通に泥だらけになってこんだけとか、別にこんだけマメが出来てとかって。小池さんもだって水泳部でしたっけ?

はい。水泳部です。

結構やりましたよね?

結構やりました。

こんだけ頑張ってって言っても、別にそれで試合に出れなかったりとかもあると思うんですよ。そういう人もいっぱいいると思うんですよ。

そうですね。

1円にもならないと。

1円にもならないです。

でもその厳しい環境の練習っていうのも部活のそういうコミュニティで、そういうのがあったから多分出来たと思うんですよ。自分で好きな時に余力があったらやって下さいねじゃ、多分出来なかったと思うんですよ。

絶対出来ないですね。

だからそれに身を置き続けないと、やっぱその基準で練習して、それでも別にそんなに飛びぬけた成績っていうのは、難しいのに。その環境に身を置かないと気が向いた時だけやる、自分の価値観で自分のやりたいようにやる、結果出るっていうのは結構難しい。よっぽど自己鍛錬と自分で軌道修正とか自分でロジック立てて考え突き進めないと厳しいので。でもそういう人ほどさらに高みを目指す環境に身を置くのでやっぱちゃんとやった方がいいですよね。だから今一度お金を稼ぐこともそうなんですけど。ビジネスもプロになるために、どうすればいいかって、今一度真剣に考えて、必要なものを取り入れていった方がいいと思いますけどね。

分かりました。じゃあ第339回、マインドは環境にいないと身に付かない、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    自分はビジネスに対して、アマチュアな考えがとても多いので、今後はプロフェッショナルを目指して、マインドを変えていかなければと思いました。
    このゴシゴシさせていただいている瞬間は、「よし!やるぞ!」と思っていても、つい周りの環境に流されてしまう事もあります。
    僕は自己鍛錬したり、軌道修正したりが出来ないので、やる環境に身を置くことを意識して、実践していきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第339回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・とにかくプロフェッショナルになってほしい。
    ・やはりマインドが違う。
    ・環境にいつづかないと身に付かない。

    引き続き、ゴシゴシの部屋で
    真剣に考えて、必要なものを取り入れていきます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です