実践してないと教え甲斐がない

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第424回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、実践してないと教え甲斐がない。もうすごく当然の言葉なんですけど。当然なのにこれが出来なくて。あのーコンサル時間をちょっと大分ですね、私は無駄にしたっていうとちょっと言い方アレなんですけど。時間をちょっと無駄にしたなっていうのは、岩松さん自身の時間も含めてですね。っていうのはすごいあるんですよ。実践してないと、次のステップを教えたって無駄になる、無駄とまではいかないんですけど。でもちょっと無駄になるじゃないですか?このステップがすんだら、次のステップに進めるのに、そのこのステップが出来てないのに、もっと上のステップを教えたって、それって結局無駄になってしまうっていうのもあるので。

だから無駄なことばっかりやってるんですよね。

そうなんですよ。だから知識ばっかり増やして、実践が全然伴わなくて、っていう状態になるとそれってコンサルとか違うというか、コンサルが目指しているところではないじゃないですか?私自身が。

コンサルが目指していることって、コンサルは別に目指す目指さないじゃなくて、目指すことに対してコンサルをするってことなので。まあそうですけど。まあ結局介護なんですよ。

介護?

介護なんですよ。指導っていうかレクチャーじゃなくて。介護を求めている人が多いんですよね。

ああもう手取り足取り。

手取り足取りというか介護ですよ。シルバー事業ですよ。もしくはまあ子供。

あーはい。

実践が自分が出来ないのも含めて、何かトイレに一緒に来てみたいな、ぐらいの感覚に私は思えるんですよ。ビジネスで言えば。いやそれはそんなん自分で当たり前のようにやるべきでしょっていうのが、出来てない人が非常に多いので。だからまあそれは最低限自分でやってもらった上で、まあこういうふうにやっていきましょうっていうのは、お伝え出来ますけども。

そうですね。教えたことをパパパっと実践して、次のコンサルに来たらめちゃくちゃ面白いですよね。

面白い何がですか?

え、だって教え甲斐があるじゃないですか?そしたら。

少なくとも有意義にはなりますよね。

至極当たり前なことなんですけど。私自身も含めて、中々これが難しいというか。まあ忙しさのせいというか。

でも忙しいって言っても、その忙しいのがじゃあ今あなたが理想の未来とか、自分が経済的なところに成功するところに繋がってないんですよね。

そうなんですよ。

経済的なところに繋がってない忙しさって要りますかね?

要らないです。

それを目指しているのに。でも忙しい、でもそれはやめられない止められないんですよね。じゃあ何をどう変えますかっていうところで。

ホントそのトレードオフじゃないですけど。優先順位決めて。

そんなにうまくいってない人のトレードオフって大したことなくないですかって思うわけですよね。

確かに(笑)

すごい何か偉大な事を成し遂げた人が、トレードオフって言うんだったらまあ、それと引き換えにって言うんですけど。引き換えも何もそんなにだってないんですよね。そんなん言って私は怒るかもしれないですけど。これはよく言うんですけど、小池家にとっては価値があるかもしれないですけど、小池さんにとってはあるかもしれないですけど、世の中的にそんなに価値はないんですよ。

そうですそうです。

それを認めた上で、ビジネスである程度軌道に乗せるのであれば、一旦保留にすることは保留にして、実践をすると。そういう環境があるうちに。

そうです。そうです。

そこで実践をして、こういうふうになったんだ。じゃあこうしていこうって言ったら、どんどんどんどん進んでいくんですよね。そうじゃないと実践が進まないで難しいです。中々大変なんです。こうなんですって言って。私はそうなのー?って言って。仕方ないよねーって、分かる分かるーって、つらいんだなー、そうなんだーって言うのが、まあ私の仕事でもないですし。それで満足であればいい、いいというかいやそれですら私は良くないというか、私の代わりにペッパー君でも置いておけばいいんですけど。

ペッパー君(笑)そうですね(笑)ホントにだからホントに頓珍漢なことをしていたなっていうのは、思いますし。うん。

それってドラえもんを求めてるんですよね。のび太くーんって感じで。しょうがないなあーって言って、ハイーっていうのが欲しいんですよね。

そう。それをちょっと変えていかないとダメだなっていうのは、思いますね。じゃあ424回、実践してないと教え甲斐がない、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です