岩松さんとの約束シリーズその4裏切られたという言葉を使わない

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第467回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、岩松さんとの約束シリーズその4ということで、裏切られたという言葉を使わないっていうことですね。要は結局それを選択したのは自分なので、何か前にビジネスは自己責任みたいな言葉があったと思うんですけど。まさにそれかなっていうのは感じてるんですけど。結局私も結構色々やらかしてきましたけど、アメリカの土地買っちゃったりとか、ネットワークビジネスをやったりとか、FXでドボンしちゃったりとか、それも結局選択したのはその時の自分なので、それを思うと次のステップに改善して進まなきゃってなるんですよね。だけど裏切られたとか、騙されたとかそれで終わっちゃうと、自分に責任がないみたいになるので。そうするとまあ進化には繋がらないのかなっていうのが感じますね。

何でそうやって裏切られたとか騙されたって鳴るかって言うと、これでも想定内なんですよ全然。

想定内。はい。

だってですよ。まあアメリカの土地もそうですし、FXの時もそうですけど。だってその人にしたら確か100万円でしたっけ?預けてたの。

預けましたね。はい。

100万円ってそこそこの金額じゃないですか?それって100万円を欲しいか欲しくないかって言ったら欲しいじゃないですか?

欲しいですね。

世の中で、俺がFX運用してやるよって言って預けて、配当がちょっとあって途中でなくなるってことは、よくよくあることなんですよ。

よくよくある。

別にいいよって言ってるわけじゃないて、だからしょうがないなっていうわけでもなく、それはだから別にそんなんイチイチそんなん気にすんなよっていうよりかは。それを前提でそのリスクがあるから、預けて配当が得られたとしたらリターンが大きいわけですよね。

ああなるほど。

だって必ずそれがじゃあ絶対その人が逃げずに、必ず毎月確実絶対に入ってくると思ったら、皆だってそれに預けまくるじゃないですか?

そうですね。

そうならないってことは、その人が持ち逃げするリスクもあるわけで。リスクは常にあるわけですよね。裏切られたって主観なんですよ。人間って利益っていうか、そういう利益に関して損得勘定で動く生き物ですし、そこに変な過剰な期待をするからダメで。この人もだから人間だから自分がお金欲しいと思ったら、持ち逃げするかもしれないですし、それがこの人に預けてどうなるかっていうのがあって、じゃあ持ち逃げする確率もこれくらいあると。それでお金が毎月増える確率がこれくらいあると。途中で止まる可能性がこれくらいあると。それで言葉悪いですけど試してみようと思って、それで逃げたらああやっぱりなって思うんですよ。

想定内だ。

だってそれ裏切られたっていうのが、だからそういう選択の一つだったなってだけで。だから裏切るっていうのは、過剰に過度な期待を勝手にしてるんですよね。自分がしてるんですよ。そうやって言われたとかあるかもしれないですけど。そうやって言われたも何も、それを言われたのを聞いてじゃあ自分が過度な期待をしてるんですよね。言われただけじゃなくて、自分がそれを基に過度な期待をして、自分がこうしようと思っているんですよね。

なるほど。

勿論それを僕は擁護するわけでも、それがだからお前が悪いからそいつは何も悪くないですよじゃなくて、誰がいい悪いじゃなくて、全部そういう世の中でリスクもリターンもそれはあるわけですよね。それを踏まえてどうするかで。裏切りってそもそも僕はないと思ってまして。裏切られるっていうのは自分がそう思うだけで。例えばそのまあ恋人でも結婚相手に浮気されたって言うんですけど。それはだってねえ?夫婦関係がうまくいってなかったりとか、まあ性欲はあるわけで(笑)それがただそっちにいっただけで、その可能性は別に0とは言えないじゃないですか?

ああ確かにそうですね。

まあそれは別にあるっていう。リスクっていうかそれはあるってだけで。結婚したから必ずそれがないとかって。

そうですね。

勿論それは感情で動く生き物なので、それを思えないっていうのはあるかもしれないですし、口ではこうやって言ってるみたいなのがあるかもしれないですけども。人間ってそういう生き物だよっていうのを知っておけば、期待値が下がるのであんまりこう感情が乱されないっていうのもあるんですよね。じゃあ何をもって裏切られるかなんですよ。じゃあその何かそこが結構難しいっていうか。

そうですね。なるほど。でも超スーパードライって感じがします(笑)

だからまあそうだねっていう感じで。これもしかも余裕があればあるほどそんな怒らないんですよね。

余裕があればあるほどそんなに怒らない?

怒らないっていうのは、アングリーアングリーの怒る、ハップの何かが起こるとかじゃなくて、発生するじゃなくて、だから従業員のお金を持ち逃げしたとかって、別にお金がいっぱいあったとしたら、腹立つかもしれないですけど、やっぱあいつはこういうことだったんだっていって、次から気を付けようってなるじゃないですか?

なるほど。

それしかないのに、これしかないのに、こいつに信じたのに、変に自分が紛失したり、変に執着するから反応があって、私がスーパードライって言ってますけど、そういう現場をいっぱい見てきたので。イチイチだから驚かないっていうか。

なるほど。

小池さんもだから私の何か持ち逃げしたとしても、まあコイツはまあ。

想定内(笑)

そういうところもあるしなって、腹黒いところも。いい母ちゃんそうにしてもそういうところもあるし、まあ出るのかなと思って。まあ後の対処は考えますけど。

嫌な感じですね(笑)なるほど。分かりました。

別に全然裏切られたというか、やっぱりコイツはやったなと思って。さすがやっぱ私は。

想定内。なるほど。分かりました(笑)

まあやってないですけどね、小池さん(笑)

やってないですよ(笑)第467回、岩松さんとの約束シリーズその4裏切られたという言葉を使わない、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

1 個のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    自分も裏切られたという言葉を使っていたなと思いました。
    たしかによく考えてみれば、すべては想定内で、起こらないないわけではないと感じました。
    仕事でもプライベートでも、被害者意識全開でいた自分は、恥ずかしい行為をしていたと思います。
    今後は、なにかあっても想定内と思えるように捉え、へんに感情を動かされないように意識していきたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です