0→1の段階で方向性とか気にしているのはナンセンス

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第491回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、0→1の段階で方向性とか気にしているのはナンセンスっていう言葉で。これはですねー結構何て言うんですかね、私最初の頃方向性とはちょっと違うかもしれないですけど、ちょっと言ったことがあって、私レディースアパレルとか興味ないんですよねみたいなことを言ったことがあるんですよ。ぶっちゃけ自分が興味あるとかないとか、自分が求めている方向性とかぶっちゃけ最初は気にしてること自体がおかしいなとは今は思うんですけど。その時は自分自分自分だったので、そういうところを気にしていて。そんなの気にしている場合じゃなく、0→1のステップを全部段階立てて教えてもらえてるわけじゃないじゃないですか?それをただひたすら突っ走ってやった方が、結果的に私がうまくいったので。そのホントに自分の方向性とかもホントどうでもいいっていうのはすごい感じてますね。

まあ方向性とか自分の思いと方向性はちょっとアレですけど。じゃああなたは何に興味があってどうやるのっていうことで。別に私はレディースアパレルをやりましょうとか、やんないといけないって言ってるわけじゃなくて、こうやってやってみたらいいんじゃないですかっていうだけなので。じゃあ興味なかったらじゃああなた何やるの?って話で。

そう。自分の方向性なんてあったないようなものじゃないですか?

まあ方向性とか趣味趣向ですかね。

ああそっちですかね。方向性とはまた別ですかね?

方向性もそうなんですけど、何かこの方向性で合ってますでしょうかとか、すごくそういうのが多いんですけど。合ってるもクソも私からしたら別にあんま変わらなくて、そんなに方向性ばっか何で気にするのっていうことで。まあだから前も何か例えばなしで言いましたけど、大阪から東京に行くのに、最初の一駅の方向性とか別にどっちでもいいじゃないですか?例えば新橋から浜松町の方に向かってるのか、東京駅の方に向かっているのかとか、その方向性の中に一駅移動して、山手線で。どっち?これ合ってますでしょうかって言われても、ぶっちゃけ品川駅からも行けるし、東京駅からも行けるし、千葉の方に行ったら千葉の方から成田空港からも別に行けますし、そっから新橋からゆりかもめで乗って、竹芝とかに行って日出とかに行ったとしても、方向性として合ってますでしょうかって言ったら、ああじゃあそっち行ったんだったらそのまままあどっかで乗り換えて、羽田空港の方に行って、羽田空港からでも一緒かなってなるので。何かどっちでもいいんだけどなって感じなんですよね。ちょっとしかやってないのに、方向性確認するってホントにナンセンスで。

ああなるほど。

既にだからあなたの人生のビジネス人生の方向性がズレにズレてた割には、やたら細かい方向性は気にするんだなっていうのは。

なるほど。

思いっきりビジネスと関係ないことをやりまくった人生の割には、ちょっとした細かい方向性は気にするんだなってすごい思いますね。

そうですね。そうですね。確かに全然その気にしてる場合じゃないって感じですよね。

場合じゃないっていうかだから、じゃあどうするのっていう話で。あなたのその趣味趣向とか汲み取りながら進んでいくとどんどん遅くなるんですけどねって感じで。

確かに。

どの口が言ってるのって思うんですよね。私興味ないんですけどねって言って。そんな創業社長なんかあまり微妙ですけどね。

そうですね。

じゃあ創業しなきゃいいじゃんってだけで。どんだけ偉そうなのって思うわけですよ。私興味ないんですけどねって、でもこれ立ち上げますっていうので。じゃあ自分で事業計画考えて、自分で市場をリサーチして自分でそれでやればいいじゃんっていう。でもそれもやんないわけでしょ?それをやってもうまくいかないでしょ?

そう。

で、やってもうまくいけねえじゃねえかって言う人がいるんでしょ?

そう(笑)

それはもうだからうまくいかないべくしてうまくいかないんですけどね。

なるほど。

方向性っていうのは、ある程度突っ走らないと。いいんですよ別に方向性はズレようが何しようが。ズレたら直せばいいだけなので。進んでないことの方が間違いっていう。方向性とかじゃなくて勢いよく進んでない時点でおかしい。徐行で時速5キロ、10キロで進んだ方向性と言ってるのと一緒で。最初恐い、教習所でも恐いかもしれないですけど。進んでなさすぎる、法定速度がいってないこと自体がまず問題っていうことです。

そうですね。進まないと軌道修正も出来ないですよね。

大体どの方向へ行っても、最終的には最初は別に習慣が付いてないので。例えばこの勉強法で合ってますでしょうかとかって言っても、全く勉強してない人が、とりあえずまずやれば、とりあえずやらないよりやったらいいっていうレベルなので。数をやれば、とりあえずはですね。後からもうちょっと正しい方向っていうのは、徐々に徐々にかなあと思いますけどね。まずやってないので。

なるほど。分かりました。じゃあ第491回、0→1の段階で方向性とか気にしているのはナンセンス、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松様、小池様
    第491回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・ビジネス人生がズレにズレまくっていたので、ビジネスの方向性は気にする必要はない。
    ・趣味趣向とか汲み取りながら進んでいくともっと遅くなる。
    ・方向性より勢いよく進んでいない事が問題。

    ご指導いただいた事を愚直に実践していきます。

    ありがとうございました。

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    たしかに今までビジネスの道を間違えまくっていたのに、急に方向性などを気にするのはおかしな話ですよね。
    そしてそこを気にして、前に進んでいないことの方が大きな問題という事が理解できました。
    自分の事業でも、ここでつまづいてしまい、進まない事が多々ありました。
    今後は失敗を怖れずに、スピード感を持って実践していきたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です