日報は宝の山

はい。岩松勇人と専業主婦母ちゃん小池のマインドの摺り合わせの部屋、通称マインドゴシゴシということで。今回が第487回目になります。岩松さんよろしくお願いします。

お願いします。

今回がですね、日報は宝の山っていう言葉で。これも私聞いた時、ピンと来なかったんですけど。今思えば、その私自身日報が冊子にして価値提供とかになったりしてるんですよ。なのでそういう意味での日報って宝の山だし。

小池さんが私のコンサルを受けた時の日々の報告の日報を皆が見たいってことですよね。どういう感じでやってたか。

そうです。どうやって0からこう教えを受けて、そこで色んな葛藤がありながら伸びていったっていうところを見たいって人が結構多くって。それがあっ、ここにきてようやくある意味宝じゃないですけど、価値提供の一つになるんだなっていうのをようやく意識したっていうのはあるのと、もう一つあるなと思っていて。今になってようやく、こう書くじゃないですか?一日やってきたことを振り返ったりとか、昨日やったことと今日やることって書くんですけど。そうすると頭の中が整理されるので、まあ可視化可視化って岩松さんよく言うんですけど、そうするとすぐ取り掛かれるっていうのがあるんですよね。それを日報をちゃんとやってなかった時って、整理が出来てないので、何から手をつけたらいいんだろうって状態になって、忙しいわりに1日何も進まなかったことが結構あったので。これは自分の1日1日を、まあ前回の積み重ねがその人を創るだったんですけど。1日の密度を上げるっていう意味でも、人生のレベルが上がるっていう意味でも宝の山っていうのは個人的に感じてるんですけど。

だからその前の音声でも毎日☓を付けるってありましたけど。可視化をして欲しいんですよね。

可視化。はい。

まあ1日1日をどう過ごしたかって、まあ日記を書いている人もいるかもしれないですけど。やっぱその日報が良くて。実際どういうことを昨日やって、今日は何をするか、今週とか今月とかこの四半期とか、この半年とか一年で何をやるか、その為に今日何をやるかっていうので、それを常にこう意識しながら書く。勿論タスクとかもそうですし。会社で何か日報とか出している人もいるかもしれないですけど、まあ私も昔出してましたけど。まあやらされてる感があるとこれダメで、自分の為に自分の思考の整理、自分の振り返りのためにやるんですよね。だからこれって最初は何かクセ付けるために、強制的に私も小池さんとかにやらせたっていうか、やった方がいいよってことでまあやってたんですけど。なんか段々やらないと気持ち悪くなるっていうか。

そうですね。

やっぱりだから1日1日なんですよ。勿論数時間おきにとかも大事なんですけど。まあやっぱり毎日起きてとか、人によっては昼の12時までとか夜のうちに日報出すとかありますけど。僕は大体朝起きてから日報っていうのをやるんですけど。まあ昼の12時ぐらいまでに、目途に。そこで昨日の振り返りと今日の行動予定と、今週とかさっきも言いましたけど、ある程度先を見据えてってことで。この振り返りをどんだけの人がやってるかですよね、どれだけ真剣に。なんとなく生きると何となくの結果、何となくの計画、何となくの人生なので。もうちょっとその無駄にノート取ったりとかしなくていいので、日々ちゃんとやるべきことはまとめて、まあこのいかにブラッシュアップ出来るかって、ホントに大事ですよこれ。やってない人が結構多いので。やった方がいいですねこれは。

そうですね。分かりました。じゃあ第487回、日報は宝の山、これで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

はい。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • 岩松さん、小池さん、お疲れ様です。
    マインドゴシゴシをありがとうございました。
    きちんと可視化するためにも、日報はとても重要な役割を果たしているのだなと思いました。
    僕も色々な事がきちんと整理されずに、何も進まない事があります。
    それは可視化ができず、先をまったく考えられていなかったからだと思いました。
    自分がやった事、これから先にしたい事などを書き、日々きちんと振り返りながら、実践に活かしていきたいと思います!

  • 岩松様、小池様
    第487回目の音声
    ありがとうございました。

    今回の音声での学びをアウトプット!
    ・可視化のために日報をつける。
    ・今週、今月、四半期、半年とか一年で何をやるか、その為に今日何をやるか。それを常に意識しながら書く。
    ・自分の為に自分の思考の整理、自分の振り返りのためにやる。

    思考の整理、タスク管理、振り返るのためにも日報を癖づけます。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です